政府後援の貿易プラットフォーム、シンガポールで発表

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

政府機関と主要な湾港運送会社が運営する、シンガポールの電子政府サービスプロバイダーCrimsonLogicは、国境間貿易に焦点を当てたブロックチェーンプラットフォームのローンチを発表しました。

プレスリリースによると、同社の完全子会社であるGeTSが水曜日にサービスを開始しました。

GeTS Open Trade Platformと呼ばれるこのプラットフォームは、認可された貿易コンプライアンス企業がノードとして働き、検証された許可制(プライベート)ブロックチェーンです。

国境を超えたサプライチェーン業界の企業は、オープンなインフラストラクチャー上に、特定のニーズに対応した分散型アプリケーションを開発することができます。

目標は、湾港、船舶会社、顧客などの様々な関係者が貿易に関するドキュメントを分散して表示または取引して、サプライチェーンの効率性と透明性を向上させることです。

CrimsonLogicとGeTSの会長であるEugene Wongはこのように述べています。

私たちのブロックチェーン技術は、ASEAN内の国境を超える取引者たちと、中国の一帯一路(中国が提唱する経済圏構想)、南のエリアの間で信頼関係を構築するのに役立つと信じています。

ASEANと中国の間の取引量は、2つの地域間で最大の貿易となり、これを促進することを望んでいます。

現在、CrimsonLogicの主要株主(55%保有)は、シンガポールの海外事業の成長を促進する、貿易産業省の政府機関であるIEシンガポールです。

2月には、南米・東南アジア・ヨーロッパの湾港を運営するPSAインターナショナルが、同社の残りの45%を買収することで、別の主要株主になりました。

このブロックチェーンの取り組みは、昨年PSAとIBMがサプライチェーンパートナー向けに実施した、分散ネットワークを通じた取引ドキュメントの自動化を目的とした概念実証計画に続いたものとなります。

今年初め、同社は中国の重慶市からシンガポールへの国境を越えた輸送中に、概念実証に成功し、取引情報を処理したことを主張しました。

Government-Backed Blockchain Trade Platform Launches in Singapore