不正マイニング、ランサムウェアより大きな脅威に

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

Skybox Securityのレポートによると、不正な仮想通貨マイニング(クリプトジャック)がサイバー犯罪者の間でよりポピュラーになっているとのことです。

今年半ばのアップデートによると、サイバー攻撃の32%を仮想通貨マイナーが占める一方、ランサムウェアは8%しかないということがわかりました。

クリプトジャックは、ウェブサイトやデバイスに隠されたコードを利用し、CPUやバンドワイズ(電波の周波数の幅)などのリソースを使って、マイニングを行います。

また、レポートによると、サイバー犯罪者は違法ツールの選び方に、著しい変化があることを明らかにしています。2017年後半、Skyboxは両ウイルスの立場が完全に逆だったことを発見しました。

個人のコンピューター上のデータがマルウェアによって暗号化され、料金の支払いのみでロックされていたランサムウェアは、全てのサイバー犯罪の32%を占めていましたが、同時点で、クリプトジャックは7%しか占めていませんでした。

Computingで最初に発表されたレポートによると、同社はこのように述べています。

仮想通貨マイナーはまだまだ新入りのサイバー犯罪ですが、これらは引き継がれていきます。

利益率の高さと、見つかる可能性が低いこのマルウェアツールは、サイバー犯罪とってお金を稼ぐ安全な隠れ場になります。

Mining Malware Now a Bigger Threat than Ransomware, Says Report