パブリックブロックチェーンには法定通貨が不可欠である

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

パブリックブロックチェーンには法定通貨が不可欠である

ポール・ブロディはEY(イギリスを拠点とする会計事務所)の主席の一人で、グローバル・ブロックチェーン部門の責任者です。

次の記事はシリーズの第3回目です。第1回と第2回の記事はこちらを御覧ください。

仮想通貨において信じるべきものは数学であり、間違いを犯しがちな中央銀行の行員ではない。そしてその行員たちは多くの政治的な要素を抱え込んでいる。

仮想通貨の支持者達が特によく口にしているのは、中央銀行の行員がここ数年どれほど通貨の価値を下げてしまったか、さらに中央銀行による紙幣の発券によってどれほど世界中の人々が貧しくなってしまったか、ということだ。

通貨を題材とした将来の架空の世界では、過ちを犯しやすく政治的な影響を受けた行員はアルゴリズムに取って代わられ、通貨の価値が時間と共に少なからず増えていっている。

この物語には多くの問題がある。まず、多少のインフレーションは実際には有効であり、振り返ってみるとこの30年間はスタグフレーション(不況と物価高騰)に苦しめられてきた。独立した中央銀行は我々の経済において最も信頼され、最も透明性の高い機関の一つである。

そして仮想通貨市場の規模は絶対的な基準に照らせば大きく見えるかもしれないが、世界経済のその他の市場と比べれば微々たるものだ。現在、1日あたりの仮想通貨取引額は50億ドルから60億ドル。外国為替市場の1日あたりの取引額は5兆ドルに達する。

仮想通貨が成長を続けたとしても(実際にそうなりそうだが)、もしブロックチェーンが約束を果たしてくれることを望むなら、我々は従来の法定通貨で取引ができるようにしなければならない。これには現実的な理由が数多く存在するが、その最たるものは企業のリスク管理の問題である。

今日のほぼすべての企業間取引は、従来の法定通貨で行なわれている。伝統的な企業はこれらの通貨で大半の利益を生み出し、それと同じ通貨で負債や決済を扱っている。

会社がブロックチェーン上で取引を行なう場合も、それと同じ通貨を使用したくなるだろう。仮に私がユーロで定価が記された製品を購入するという取引を行ない、契約をパブリックブロックチェーンで締結した場合、ほぼ間違いなくユーロで支払いたくなるはずだ。

毎回複数の通貨を移動させたり、異なる通貨を大量に保有したりすれば、ビジネスで外国為替におけるリスクを抱えることになるし、それが避けられるならわざわざリスクを抱える意味はない。

ブロックチェーン上でスマートコントラクトを導入しようとしている企業にとって、銀行のシステムを通した決済は個別に処理し、ブロックチェーンには特定の決済だけを記録するというのは選択肢の一つだ。

この手法はうまくいくだろうが、ブロックチェーンで実現できる広範囲の経済のエコシステムを考えた場合は、理想的なソリューションとは言えないだろう。

すべてを一つに

ブロックチェーンでビジネス契約を交わそうとしている企業にとって最良の選択肢は、アセットトークン(資産の代用となるトークン)のすべてを同じブロックチェーン内で交換できるようにすることだ。

製品を示すアセットトークンは極めて単純な方法で通貨トークンと交換できるが、すべてのトークンが同一のブロックチェーンに存在するため、より洗練された選択肢を選ぶことができる。

例えば、在庫の売り上げがあった場合は自動的に負債が相殺されることから、在庫分の資金を前借りすることも可能になるのだ。

ブロックチェーンで業務を完遂しようとしている企業が目指すべき究極の基準として、EYではこれを「完全循環型の経済契約(現代:full cycle economic contract)」と呼んでいる。

資産と負債がブロックチェーン上にはっきりと記録されることで、完全循環型のデジタル式契約はリスクが抑えられるだけでなく、それらの資金の流出入に伴うほぼすべての金融サービスが、最低限のコストで提供できるのだ。

つまり、最終的にこうした取引や決済を促進するためには、数十億ドル相当のトークン化された法定通貨がパブリックブロックチェーンで利用できるようにならなければならない。

しかしこの機能が実現すれば、それは中央銀行が規制構造を作り出すか、彼らの規制や完全な管理が及ばないネットワーク、すなわちパブリックブロックチェーン上で複数の通貨とトークンが共存できるような手法を見つけ出さなければならないことを意味している。

それはまた、中央銀行のプライベートブロックチェーンが必ずしも将来にわたって重要な役割を果たすわけではないということなのだ。

しかしながら、我々は分散型のパブリックネットワークで規制当局が独自の通貨を管理するメカニズムが存在すると考えている。次回の記事ではその分野に深く切り込むつもりである。

Fiat Currencies Are About to Become Essential to Public Blockchains – CoinDesk