香港のブロックチェーン貿易金融プラットフォーム、9月までに稼動

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

中国の自治区の事実上の中央銀行である香港金融管理局(HKMA)は、2ヶ月以内にブロックチェーンの貿易金融プラットフォームの稼働を開始する予定である。

「貿易金融プラットフォーム計画は、香港の7つの銀行が共同で立ち上げた。この計画はHKMAの主導により、2018年9月までに開始される予定である」と同当局は電子メールでCoinDeskに情報を伝えた。

フィナンシャルタイムズ紙の月曜日の報道によると、HKMAのブロックチェーンプラットフォームにはHSBCとスタンダードチャータード銀行を含む21の銀行が参加している。

このプロジェクトは、金融機関間のデータ共有に透明性をもたらすために、いくつかの銀行がHKMAと共に貿易金融プラットフォームのテストを完了した2017年初頭より正式に稼働している。

当時の参加企業には、HKMA、中国銀行、東アジア銀行、ハンセン銀行、HSBC、スタンダードチャータード銀行があり、コンサルティング会社のデロイトがプロジェクトのファシリテーターとして参加した。

このプラットフォームの目的は、貿易金融や二重資金調達に関連する詐欺行為を減らすことであり、結果的な与信の有用性の向上、長期的には資金調達コストの削減である。

このことは、中小企業(SMEs)が貿易金融を利用しやすい環境を用意するのに寄与したと思われると、 HKMAは今日、説明を行った。

同当局からの電子メールによると、設立銀行を除いた他の機関もプラットフォームに関心を示しており、HKMAは今後さらに多くの銀行が徐々にこのプラットフォームに加わることを期待している。

実行段階にさしかかったこのHKMAプロジェクトは、政府機関に支援された最初のライブブロックチェーン貿易金融プラットフォームの1つになる。

今月初め、ヨーロッパの銀行グループは、テクノロジー巨大なIBMの支援のもとに設立されたWe.Tradeと呼ばれる貿易金融ブロックチェーンプラットフォームも実稼動していると発表した。

一方、HKMAはシンガポールの同業企業と協力して、国境を越えた取引を解決するブロックチェーンベースの貿易金融ネットワークを開発している。 こうした協業は、以前は2019年初頭に予定されていた。

Hong Kong’s Blockchain Trade Finance Platform to Go Live By September