大学の研究者が文化遺産を保存するためにブロックチェーンに注目

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

中国の清華大学のチームは、文化遺産保護のためのブロックチェーン技術の役割を詳述した特許出願を提出しました。

4月に提出され、金曜日に公開された特許出願によれば、大学の3人の教員が、文化的に重要なオブジェクトのデジタルデータをブロックチェーンを使用して保存し、共有できるシステムのコンセプトを開発しました。

ポスドク研究者のタン・ジャージャ(Tan Jiajia)さんと、美術学部長のリュー・シャオブ(Lu Xiaobu)氏を含む3人の発明者は、システムが主に2つの部分で構成されていることを文書で説明しています。

まず、文化的に重要なオブジェクトをスキャンして、デジタル化した3Dモデルを作成します。 第2段階では、各オブジェクトのデータがハッシュと呼ばれる暗号プロセスを介して、プライベートブロックチェーンに自動的に保存されます。

参加するノードとして、他の文化遺​​産保持者(博物館など)を含めることによって、ブロックチェーンプラットフォームは、最終的に各当事者が文化遺産データの共有台帳を取得し、独自のアーカイブで更新できるコンソーシアムに成長することができると言われています。

さらに、特許された出願によると、プライベートブロックチェーンの全帳簿が更新されるたびにハッシュが生成され、最終的にはブロックチェーンを一般に公開することで、さらに可視性が向上すると付け加えられています。

チームは特許の中で次のように書いています。

情報交換のためのブロックチェーンのユニークなデザインに基づいて、各文化遺産のデジタル識別情報を、より低コストでより効率的に異なる当事者に譲渡することができ、経済的および社会的価値を拡大することができます。

この特許内では、プライベートブロックチェーンの開発方法についての詳細は明らかにされていませんが、本発明者らは、開発の取り掛かりとしては、TencentのTrustブロックチェーンプラットフォーム(昨年4月に発表されたインターネット大手)に基づいていることを示しています。

University Researchers Turn to Blockchain to Preserve Cultural Heritage