カルティエの親会社リシュモンがダイヤモンドをブロックチェーンで追跡

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

カルティエを所有している、スイスの高級品販売の巨大企業リシュモンは、サプライチェーンに透明性をもたらすことを目指して、ブロックチェーンに目を向けています。

ロンドンの経済学院(LSE)の有名な経済学部准教授であり、昨年取締役会メンバーに任命されたジン・ケーユー(Jin Keyu)氏は、木曜日のイベントでのスピーチの中で、巨大企業がブロックチェーンを使用して、すべての「非公式売買取引」をコントロールしたいと述べました。

カルティエの親会社として、私たちは最近、ブロックチェーンを利用してダイヤモンド、岩石、金の産地を、鉱山やリサイクル工場から遡って追跡することを決めました。

また、私たちが販売するすべての時計について、(ブロックチェーンを使用して)彼らの真正性を検証するためにその出所を追跡します。

彼女はスピーチの中で、ブロックチェーン業界への移行についての学問的興味と理由についても議論し、マクロ経済学に関する専門知識を提供する顧問として、中国に本拠を置くブロックチェーン関連企業のスタートアップであるUltrain社に加わることになると述べました。

ジン氏は、ブロックチェーンのプロジェクトは、現場での既存の学術研究から学ぶことなく、しばしば何もない所から始めて、金融政策を実験し、構築しようとしていると主張しました。

彼女は以下のように述べています。

私にとって、ブロックチェーン技術は、幅広い問題に対処するために、(専門の)マクロ経済理論だけでなく通貨、金融政策、規制などの知識必要だから、非常に興味深いです。

ジン氏は、仮想通貨業界の疑問をマクロ経済学の観点から探究する計画も立てています。その作業には、通貨の3つの本質的な機能、つまり価値の保管、安定性、勘定単位を実行できる仮想通貨の設計を行う可能性があります。

彼女は元々は北京出身で、ハーバード大学で学士号、修士号、博士号を取得した後、LSEで最年少の修士号を取得しました。彼女は中国に関する問題に対して、マクロ経済の専門知識を活かして国際的なビジネスの出口戦略を考えてもらうために、頻繁に招かれています。

Cartier Owner Richemont Plans to Track Diamonds With Blockchain