韓国の国会、仮想通貨に関する新たな法律の提案

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

韓国の国会は今後数日間にわたって、仮想通貨に関する法制定の取り組みに対して努力が見られるようになる、と伝えられています。

The Korea Timesによると、7月の13日から26日にかけていくつかの政党メンバーが仮想通貨の規制、ICO、ブロックチェーンに焦点を当てた法案を提出することが期待されています。

メンバーは、与党民主党代表のPark Yon-jin、自由韓国党のChung Tae-ok、未来党のChoung Byoung-gugが予想されています。

これら政党の活動は混乱することが予想されていますが、プロセスがどのように展開されるかは明らかにはなっていません。The Korea Timesによると、メンバーはこの問題に対して「大きく分かれている」とのことです。

とはいえこの動きは、活気のあるコミュニティだけでなく多くの取引が行われている韓国において、仮想通貨に関して新たな議論の対象になることでしょう。

ICOに焦点を当てることは、韓国が2017年にブロックチェーンファンディングモデルを禁止していた国であったことを考えると、特に注目に値します。

また、国会のメンバーの一人は今月末にもイベントを予定しており、国内の取引エコシステムに影響を与える可能性があります。

自由韓国党の議員であるSong Hee-kyungは7月19日に、インターネットとサイバーセキュリティを扱う政府機関である韓国インターネット振興院(KISA:Korea Internet and Security Agency)と、国内における仮想通貨取引に関する議論を行う予定です。

このイベントは、6月に発生したCoinrailとBithumbの取引所ハッキングをきっかけに開催されます。このハッキングは少なくとも7,000万ドルの損害をもたらし、国の仮想通貨コミュニティの間に多くの議論と批判を引き起こしました。

Report: Korean Political Parties to Propose New Crypto Laws