チェコ投資銀行、ブロックチェーンファンド向けに1億ドルを調達

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

チェコ共和国のプラハに本拠を置く投資銀行ベンソン・オーク(Benson Oak)は、イスラエル市場に特化した投資ファンドを立ち上げ、ブロックチェーンの新興企業へビジネス融資の焦点を合わせるため、1億ドルを調達すると発表した。

イスラエルのメディアカルカリステック(Calcalistech)の報道によると、ベンソン・オーク・ベンチャーズ(Benson Oak Ventures)と呼ばれる新しい投資拠点はすでに2500万ドルの資金を準備しており、2018年末までに融資総額1億ドルの目標を達成することを目指している。

この新しいベンチャーキャピタルは、当初は個人投資家や家族向けの事業から開始し、機関投資家は対象としない、と報告書は述べた。

ベンソン・オークは、未公開段階のブロックチェーンと一般消費者対象の新興企業に焦点を当て、今後2つのポートフォリオ企業の名前を公開すると発表した。

ベンソン・オークのウェブサイトによれば、ファンドは主に消費者向け製品を提供するブロックチェーンの新興企業や、コミュニティレベルでの成長を可能にするプラットフォームの設立に関心を持ち、消費者レベルでのブロックチェーンの利用を促進する。

繁栄しているブロックチェーンの新興企業に対する積極的な戦略の一方で、イスラエルの主要なプロジェクトのいくつかは、企業同士のビジネスにより重点を置く大手の金融機関によって推進されている。

これまでにCoinDeskが報告したように、イスラエル最大の銀行であるバンク・ハポアリム(Bank Hapoalim)は、マイクロソフトと協力して、デジタル銀行保証のためのブロックチェーンベースのプラットフォームを開発している。

一方、テルアビブ証券取引所(TASE)は、アクセンチュアと協力して、すべての金融商品の直接貸付を可能にするブロックチェーン証券貸出プラットフォームを構築している。

Czech Investment Bank Raising $100 Million for Blockchain Fund