仮想通貨(コイン)の Starta(スタータ/STA)とは?買い方・価格・取引所・時価総額・チャート・将来性・高騰/暴落

Translate this article into English

シェアする

最新のStarta(スタータ/STA)の価格・時価総額・出来高

通貨名
通貨略号
公開日
システム
発行上限枚数
取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所
公式サイト

()のローソク足リアルタイムチャート

Startaとは?基本情報

スタータは、Starta AcceleratorとCross Coinと呼ばれるベンチャー企業が提供する、投資家向けのソリューションであり、このICOによって発行される暗号通貨(STA)の名称です。

Starta Acceleratorは、2015年にStarta Capital VC Fundによって開始された、ベンチャー投資を推進・加速させるプログラムです。Starta Acceleratorの使命は、特に東ヨーロッパ地域のの先端技術企業に、米国市場に参入する機会を提供することです。

また、このプログラムでは、米国のビジネス環境に適応し、製品/市場適合性を定義し、地元のスタートアップのように米国内のエコシステムに投資することを目指す、東ヨーロッパの創業者向けにカスタマイズされています。

一方で、Cross Coinは、Starta Acceleratorへの投資を目的とした、ICOを管轄するシンガポールに設立されたSPV(特別目的事業体)です。Cross Coinの使命は、ベンチャー投資を民主化し、暗号技術と経済の橋渡しをすることです。ベンチャーキャピタル、アクセラレータ、およびベンチャー企業が暗号通貨を使用して資本を調達するのを支援します。

Startaの特徴・仕組み

スタータの特徴は下記の3点です。

  • ICOへの参加によるベンチャー投資
  • 簡単にICOに参加できる
  • 有望な新興企業が揃ったポートフォリオ

ICOへの参加によるベンチャー投資

スタータの特徴は、何と言っても東ヨーロッパのベンチャー企業に投資することが出来るという点です。

投資家は、StartaのICOに参加するといくつかの選択肢を得ることが出来ます。東欧市場では株式取得コストが低いため、投資家は低価格で株式を受け取る事ができます。投資した新興企業が発展するにつれ、これらの株式の所有権に起因する報酬を受け取る権利が発生します。また、企業が発展すると、買収や買収の可能性が発生します。

簡単にICOに参加できる

StartaのICOに参加するには、複雑なプロセスは必要としません。ICO自体は2017年7月4日に開始されており、投資家はStartaトークンを1ドル~購入することができます。 また、トークン購入出来る通貨はBitcoinLitecoinEthereumEthereum ClassicWavesなど、日本の取引所でも入手できる通貨ですので、比較的簡単にICOに参加できます。

有望な新興企業が揃ったポートフォリオ

新興企業への投資に関しては、多くの投資家が見ていることの1つは、新興企業の成長性、活動範囲、及び彼らが牽引している市場領域等です。Starta ICOはこの点で高く評価されており、すでに21の有望なスタートアップがポートフォリオに組み込まれています。

Startaの相場・チャート・高騰/暴落情報

  • 取引開始日:2017118
  • 取引開始時の価格:0.47 USD (約50円)
  • 価格動向:2018年3月現在まで、比較的安定しており、あまり大きな価格変動はなく、2018年1月18に最高値(取引開始価格の約4倍)を記録している。
  • 最高値: 2.11 USD (2018118) 取引開始価格の約4.5倍
  • 最安値: 0.29 USD (2017年11月15) 取引開始価格の約0.6倍

2018年3月現在まで、比較的安定しており、あまり大きな価格変動はありません。2018年1月18に最高値(取引開始価格の約4倍)を記録しています。

Startaの買い方・売り方・購入方法・取引所

Starta(スタータ/STA)の購入できる取引所はこちらです!

取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所

Startaの将来性

すでにBatch5まで完了し、49のスタートアップ企業の追加が完了しています。今後さらにポートフォリオを拡大していく計画ですが、どの企業も収益性の高い有望株です。

スタータのベンチャー企業投資プログラムを通じて、STAコインホルダーも利益を得られるチャンスは大いにあると期待できます。

Startaの最近のニュース・最新情報・今後の予定

2017年7月にクラウドファンディングによる資金調達を完了しました。また、2017年9月にはBatch 4として、31のスタートアップ企業がポートフォリオに追加されました。2017年12月にはBuyback(買い戻し)が行われています。さらに、2018年1月にBatch5として49もの企業がポートフォリオに追加されました。

スタータのロードマップによると、近々Batch 6、7を計画しており、70企業までポートフォリを増やす計画です。

参考 Batch3〜5で追加された企業

  • Batch 3AGRIEYESURETLYDRESS CODEflashkuollicoinsoftAnryzeguildwallsBINOZUBMILL
  • Batch 4AERO STATEaxis systemsctrlshiftcreditorUnlevelInspector cloudNativeosPitch MePalatinePURESINEspontana
  • Batch 5allokaBOTSCAPEBIBIKA、cryptozpay、MAGNA MOMENTS、MASTAKEY、Mirow、MISHKA、opensea、PeerClick、PERIODIX、protectiq、RENTARACE、SCORISTA、SKYGURU、StringersHub、tubus、URBANAVTIC、webjets、yayfon

Starta(スタータ/STA)の評判・感想・雑談の掲示板

※禁止事項に反する書き込みは見つけ次第、削除致します。※悪質なユーザーの書き込みは制限します。

コメント数 0件

他のコメントの書き込みをみる