仮想通貨(コイン)の Tokes(トークス/TKS)とは?買い方・価格・取引所・時価総額・チャート・将来性・高騰/暴落

Translate this article into English

シェアする

最新のTokesの価格・時価総額・出来高

通貨名Tokes
通貨略号TKS
公開日
システム
発行上限枚数
取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所
公式サイト

Tokes()のローソク足リアルタイムチャート

Tokes(トークス)とは?基本情報


Tokesは、2017年3月に取引が始まった、まだ歴史の浅い仮想通貨です。略号表記はTKSです。

Tokesプラットフォームは、仮想通貨での支払いを通して、合法大麻業界の銀行問題を解決するために設立されました。現在では、支払い処理とサプライチェーン管理の両方に対して、いくつかのソフトウェアソリューションを提供しています。

“Tokes”($ TKS)は、企業間、ビジネス間、コンシューマー間のどのプラットフォームでの支払いにも使用される仮想通貨です。

大麻販売は、連邦規制にかかるため、州政府レベルでのみ合法とされています。根本的に、大麻の取引を行う唯一の方法は現金であり、これは薬局のオペレーターを悩ましてきました。

Tokesプラットフォームは、商人と消費者の両方にとって便利で安全なデジタルソリューションの提供を目指しています。現金による弊害が大きくなる中で、合法大麻産業はコンプライアンスへの要求が強く、耕作者や診療所は細心の注意を払う必要があります。

Tokesのサプライチェーンソリューションは、栽培から分析まで、アウトドアパッケージまで、ブロックチェーンベースの追跡とコンプライアンス機能を提供します。ブロックチェーン技術により、遺伝的緊張、試験データ、収穫に関する情報を追跡して保存することができます。

Tokes(トークス)の特徴・仕組み

Tokesは、合法大麻産業にフォーカスしたブロックチェーンプロジェクトです。

その特徴は下記になります。

  • Tokesプロトコル
  • マーチャントゲートウェイ

Tokesプロトコル

Tokesトランザクションプロトコルは、ユーザーと企業が大麻業界で電子的な決済を可能にする、ブロックチェーンテクノロジーをベースにした支払いレイヤーです。

Wavesブロックチェーン上で動作するトークンは、高速トランザクション(1分未満)と安全な不変のデジタルレジャーを備えた堅牢な仮想通貨です。

現在、大麻薬局の顧客は、連邦法による大麻の禁止を理由に、商品は現金で購入する必要があります。Tokesのトランザクションプロトコルは、モバイルアプリ取引を介したデジタルペイメントを可能とし、現金ビジネスで行う必要がありません。

マーチャントゲートウェイ

マーチャントゲートウェイは、Tokesプラットフォームによって開発中のソフトウェアプロトコルであり、あらゆるビジネスに向けた、仮想通貨での販売時点管理とオンライン取引をシームレスに、かつ容易にするものです。商業ゲートウェイはあらゆる企業や中小企業に採用され流ことを目指しています。

ゲートウェイは、複数の取引所にわたる市場の流動性を考慮して、購入に必要な特定の仮想通貨の額を計算します。仮想通貨マーケットは、変動する可能性があります。そこで、商業ゲートウェイは企業がボラティリティのレベルを選択できるよう、取引所とAPIの統合を介して仮想通貨の販売を促進します。

Tokes(トークス)の相場・チャート・高騰/暴落情報

  • 取引開始日  :2017年3月27日
  • 取引開始時価格:0.329506$
  • 直近価格   :1.99$
  • 最高値    :9.66$(2018年1月8日) 取引開始時価格の約30倍!!
  • 最安値    :取引開始時

Tokesは、2017年3月に取引が始まりました。取引開始当初から、緩やかに価格が上昇していきます。5月7月、8月に一段底値をあげる価格上昇を経たのち、12月から仮想通貨業界全体の盛り上がりに合わせ、価格が大きく上昇します。

年明けにはその流れがさらに強まり、1月8日には取引開始時価格の約30倍となる最高値を記録します。しかし、これを境に価格が急落し始め、仮想通貨業界の落ち込みと相まって、価格を大きく戻します。

現在も少し、価格を上げ戻していますが、今後再度下落基調に入ることも考えられ、取引には注意が必要でしょう。

Tokes(トークス)の買い方・売り方・購入方法・取引所

Tokesの購入できる取引所はこちらです!

取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所

Tokes(トークス)の将来性

2009年にBitcoin(ビットコイン)が誕生して以来、仮想通貨とブロックチェーンテクノジーは、にわかに注目を集めてきました。2014年にはEthereum(イーサリアム)が誕生し、仮想通貨以外へのブロックチェーンの利用可能性が一気に広がりました。

さらに、最近ではブロックチェーンの次の技術と言われるDAGと呼ばれるネットワークを利用した仮想通貨まで誕生し、日進月歩で開発が進められています。そして、昨年Bitcoin価格の急騰により、世界中から熱い視線が送られ、各国の中央銀行や規制当局はその挙動に大きな関心を持っています。

一方で、こういった流れの中で、多数の仮想通貨プロジェクトが並行して進められており、仮想通貨とブロックチェーン業界は非常に競争の激しい分野にもなっています。大麻にフォーカスした多数のプロジェクトが既に進行しています。

この競争の激しい業界の中で、Tokesがどのように頭角を表すのか、今後の活動に期待です。

Tokes(トークス)の最近のニュース・最新情報・今後の予定

今後のロードマップは公表されておりません。

Tokes(トークス/TKS)の評判・感想・雑談の掲示板

※禁止事項に反する書き込みは見つけ次第、削除致します。※悪質なユーザーの書き込みは制限します。

コメント数 0件

他のコメントの書き込みをみる