仮想通貨(コイン)の PiplCoin(ピプルコイン/PIPL)とは?買い方・価格・取引所・時価総額・チャート・将来性・高騰/暴落

Translate this article into English

シェアする

最新のPiplCoinの価格・時価総額・出来高

通貨名PiplCoin
通貨略号PIPL
公開日2017年8月22日
システム
発行上限枚数75億1000万枚
取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所Livecoin
公式サイト

PiplCoin()のローソク足リアルタイムチャート

PiplCoin(ピプルコイン)とは?基本情報


PiplCoinは2017年10月に取引が始まった、まだ歴史の浅い仮想通貨です。略号表記はPIPLです。

PiplCoinを利用するプラットフォームPiplShareは、ブロックチェーンに基づいた求人と採用を行うエコシステムであり、ここでは採用側と候補者が共に自身の潜在的な求職や採用の可能性を知ることができる場所です。

すべてのそれぞれのユーザープロフィールは、一意のものであり、一定の推定検証プロセスにさらされています。PiplShareユーザ間のトランザクションは、PiplCoinでサポートされています。PiplCoinは成長性を高めるために、デフレに基軸をおいた仮想通貨です。

PiplCoinは、そのトランザクションを保証し、通貨単位の追加をコントロールするために暗号を利用し、交換媒体として機能するようデザインされた一種のデジタルアセットになります。

PiplCoin(ピプルコイン)の特徴・仕組み

PiplCoinは、デフレに基軸を置いた仮想通貨であり、求人と採用と行うPiplShareと呼ばれるプラットフォームで交換媒体として機能する仮想通貨です。

その特徴は下記になります。

  • 世界人口を反映
  • 流動性プール
  • デフレーション通貨

世界人口を反映

PipleCoinは、将来の発展を加味すると共に、今までの歴史の流れを踏まえた今後の世界人口の推定を利用しています。

つまり、人類誕生以来の世界人口の推定値を用いており、これを次に説明する、この通貨の流動性へと反映させています。

流動性プール

プレセールでは、PiplCoinは世界人口推計に基づいて最終的なトークンを発行しておき、このすべてのトークンを流動性プールに注入します。世界人口の推計によると、PiplCoinsの量は、絶えず瞬時に減少し、トークン所有者の投資価値は瞬時に増加していきます。

流動性プール内の利用可能なPiplCoinの量は、流動性への要求や幅広い利用を促進するために使用されます。

デフレーション通貨

プレセールの開始時点で、PiplCoinは最終的に発行されるトークンの全てを発行しています。トークンの量は、世界人口の推定人口数に等しくなるように設定されています。

このプレセール時点から、グローバル人口の増加に応じて、トークンの総量は少しずつ減少していきます。このプロセスは、所有者が保持するトークンの価値を高めることにつながります。

PiplCoin(ピプルコイン)の相場・チャート・高騰/暴落情報

  • 取引開始日  :2017年10月17日
  • 取引開始時価格:0.024453$
  • 直近価格   :0.046396$
  • 最高値    :0.089257$(2017年10月21日) 取引開始時価格の約4倍!!
  • 最安値    :0.009097$(2018年2月16日) 取引開始時価格から約63%下落!!

PiplCoinは、2017年10月に取引が始まりました。

取引開始当初、価格が急激に上昇していき、4日後の10月21日には取引開始時価格の約4倍となる最高値を記録します。

しかし、これを境に急激な価格下落が発生し、取引開始時価格近辺に価格が収束していきます。

2017年12月から2018年1月にかけて、仮想通貨業界全体の盛り上がりに合わせて、価格が上がるも、最高値は更新しませんでした。

その後、市況の落ち込みに合わせて、再度下落していき、2018年2月16日には取引開始時価格から約63%下落した最安値を記録します。

現在は、市況とは異なり、価格が上昇傾向を示しており、今後も場合によっては価格が上がっていき、最高値を更新することもあるかもしれません。

PiplCoin(ピプルコイン)の買い方・売り方・購入方法・取引所

PiplCoinの購入できる取引所はこちらです!

取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所 Livecoin
※PiplCoinを購入するには、「bitFlyer(ビットフライヤー)」「Zaif(ザイフ)」に登録し、ビットコインを購入してから海外取引所に送金する必要があります。 国内取引所はアプリの使いやすさNo.1のbitFlyer(ビットフライヤー)がおすすめです!

ビットフライヤーの無料登録はこちら

PiplCoin(ピプルコイン)の将来性

2009年にBitcoin(ビットコイン)が誕生して以来、仮想通貨とブロックチェーンテクノジーは、にわかに注目を集めてきました。2014年にはEthereum(イーサリアム)が誕生し、仮想通貨以外へのブロックチェーンの利用可能性が一気に広がりました。

さらに、最近ではブロックチェーンの次の技術と言われるDAGと呼ばれるネットワークを利用した仮想通貨まで誕生し、日進月歩で開発が進められています。そして、昨年Bitcoin価格の急騰により、世界中から熱い視線が送られ、各国の中央銀行や規制当局はその挙動に大きな関心を持っています。

一方で、こういった流れの中で、多数の仮想通貨プロジェクトが並行して進められており、仮想通貨とブロックチェーン業界は非常に競争の激しい分野にもなっています。この激しい競争が巻き起こる業界の中で、Piplcoinがどのように頭角を表すのか、今後の活動に期待です。

PiplCoin(ピプルコイン)の最近のニュース・最新情報・今後の予定

今後、PiplShareプラットフォームをローンチする予定です。

PiplCoin(ピプルコイン/PIPL)の評判・感想・雑談の掲示板

※禁止事項に反する書き込みは見つけ次第、削除致します。※悪質なユーザーの書き込みは制限します。

コメント数 0件

他のコメントの書き込みをみる