バイナンス、不自然な取引を停止

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

追記

4日8:07 UTC:バイナンスは7月4日8:00(UTC)に取引を開始し、後に「メンテナンスの詳しい説明」を発表するとしました。

4日9:28 UTC:バイナンスは今回のメンテナンスはSyscoinの不自然な取引のためであり、問題の詳しい説明が発表されたことを確認しました。

取引量世界最大である取引所バイナンス(BINANCE)は、「普通ではない」取引がプラットフォームで報告された後、水曜日に取引サービスを一時停止しました。

ビットコインプロトコルのフォークに基づいた分散型ネットワークのSyscoinは、火曜日 21:00(UTC)にTwitterで潜在的な問題に気付いた後、SYSコインの取引を中断するようにバイナンスに依頼しました。

同プロジェクトは、「不自然なブロックチェーン活動と奇妙な取引」を発見したことを後に確認しました。

Syscoinはまだ調査の詳細を明らかにしていませんが、この問題はバイナンス内のSYSコインの注文が異常な取引をもたらせたように見えました。データによると注文量は仮想通貨全体の87%を占めていました。

バイナンスの24時間高価格データでは、ある時点でSYSが96BTCの価値を有していた一方で、その前に価格は約0.00004BTCしか価値がなかったことを示しています。

しかし、どのくらいのSYSトークンがこの異常な価格で取引実行されたのかは不明です。

Syscoinの共同設立者であるSebastien DiMicheleはコインデスクに対しこのように述べました。

私の理解では、確かにSyscoinは一時的に96BTCで売られた、ということです。

私たちは非常に多くのbotが活動しているのを見て、私たちのコミュニティは、バイナンスの預金には何か問題がある、ということを知らせてくれました。

バイナンスは、Syscoinのツイートの3時間後に、ブログ記事で「取引、引き出し及びその他のアカウント機能が中断される」システムにし、プラットフォームの全てのサービスを停止したと述べました。

バイナンスは当初、Syscoinが報告したブロックチェーンの問題が何に起因しているか特定できていませんでしたが、システムメンテナンスをした結果、プラットフォーム上の「不自然な取引」であることが判明しました。

いくつかのAPIでの不自然な取引のため、私たちはセキュリティ対策として既存のAPIキーを削除します。全てのAPIユーザーは、APIキーを再度作成する必要があります。

とバイナンスは述べています。

これが発生した後、CoinMarketCapによるとSyscoinの価格は100$上昇し0.5$になりましたが、0.28$への急激な下落が続きました。

Binance Halts Trading Over ‘Atypical’ Crypto Transactions