仮想通貨(コイン)の e-Gulden(イーグルデン/EFL)とは?買い方・価格・取引所・時価総額・チャート・将来性・高騰/暴落

Translate this article into English

シェアする

最新のe-Guldenの価格・時価総額・出来高

通貨名e-Gulden
通貨略号EFL
公開日2014年3月19日
システムScrypt
発行上限枚数2100万枚
取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所Bittrex,Bleutrade,
公式サイト

e-Gulden()のローソク足リアルタイムチャート

e-Gulden(イーグルデン)とは?基本情報


e-Guldenは、2014年3月に取引が始まった、仮想通貨業界の中では歴史の長い仮想通貨です。略号表記はEFLです

e-Guldenは、オランダ市場向けの決済、計算、貯蓄機能を備えた仮想通貨です。 e-Guldenの価値は、自由にアクセスできるネットワークの規模とその内の需要と供給によって決定されます。

e-Guldenは、Electronic Gulden財団の管理下にありますが、完全にパブリックなドメインとなっています。オープンソースソフトウェアであるため、データは誰でも自由にアクセスできます。

eギルダーの金融機能は、人から人へとインターネットを介して行われるため、現金として機能します。

電子マネー業界には、何千人もの開発者が働いているにもかかわらず、アルトコインは依然としてBitcoinと大きな差が存在します。もちろん、各アルトコインには独自のネットワーク、独自のブランド、独自の価値がありますが、コアソフトウェアはBitcoinと類似したものになっています。e-GuldenもBitcoinと大きな違いはなく、似たような仕様となっています。

各アルトコインには独自のネットワークがあるので、Bitcoinネットワークに依存することなくその機能やシステムを試すことができます。

e-Gulden(イーグルデン)の特徴・仕組み

e-Guldenは、オランダ産の仮想通貨であり、お金への自由なアクセスを標榜し、誕生しました。その特徴は以下になります。

  • 総供給量
  • 電力

総供給量

e-Guldenの総供給量は、2,100万コインに決められています。この半分は、E-Gulden(2014年3月19日)の誕生時にPremineとしてすでに分配されており、残りはマイニングと呼ばれるプロセスを通して、供給されていきます。現在では75%程度がすでに供給されており、利用されています。

プレマイニングで財団が取得した資金は建物などの設備機械への投資や各種キャンペーンに利用されています

電力

e-Gulden各ブロックのつながりを不可逆的なものにするために、Bitcoin同様、大量の計算能力が必要とされます。必要なコンピューティングパワーは、新しいトランザクションブロックを追加するために利用可能なコンピューティングパワーであり、平均2分かかるように調整されています。

取引が記録されているブロックに6つのブロックがある場合、トランザクションは安全とみなされます(ビットコイン取引は、ネットワーク上に表示される場合、ほとんどの支払いシステムによって安全とみなされます)。

利用可能なコンピューティングパワーは、毎秒メガハッシュで表されます。ハッシュは基礎となる計算であり、メガは100万を意味します。この電力消費量が常に公式ホームページで公表されています。

e-Gulden(イーグルデン)の相場・チャート・高騰/暴落情報

  • 取引開始日  :2014年3月26日
  • 取引開始時価格:0.016243$
  • 直近価格   0.144230$:
  • 最高値    :0.562137$(2018年1月10日) 取引開始時価格の約35倍!!
  • 最安値    :0.001133$(2014年5月18日) 取引開始時価格から約93%下落!!

e-Guldenは、2014年3月に取引が始まりました。

取引開始当初、価格が大きく上昇するもすぐに下落基調へと転じ、大きく価格を下げていきます。この下落基調がかなり早く、そして急激に進む、2014年5月28日には取引開始時価格から約93%下落した最安値を記録します。

しかし、この最安値を境に価格が大きく反発し、上昇します。そのまま上昇基調へと転じます。合間合間で下落基調を示すことはありますが、全体的な上昇基調はかわらず、安定して価格を上げていきます。

そして、2017年7月と10月に大きな高騰がおこったのち、12月には仮想通貨業界全体の盛り上がりがあり、今までにないほど価格が急騰します。そして年明けの2018年1月10日には取引開始開始価格の約35倍となる最高値を記録します。

しかし、これを境に業界全体が大きな下落基調へと転じたのに伴い、e-Guldenも価格を落としていきます。4月に一時的な上昇が起こるも、現在は再度下落基調へと転じており、今後の取引には引き続き注意が必要だと思われます。

e-Gulden(イーグルデン)の買い方・売り方・購入方法・取引所

e-Guldenの購入できる取引所はこちらです!

取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所 Bittrex,Bleutrade,
※e-Guldenを購入するには、「bitFlyer(ビットフライヤー)」「Zaif(ザイフ)」に登録し、ビットコインを購入してから海外取引所に送金する必要があります。 国内取引所はアプリの使いやすさNo.1のbitFlyer(ビットフライヤー)がおすすめです!

ビットフライヤーの無料登録はこちら

e-Gulden(イーグルデン)の将来性

磁場に根付いた仮想通貨プロジェクトは非常に興味深いと思います。昨年ベネズエラが独自通貨を発行したりと国や地方自治体での発行も今後増えていくと思います。そういった中で一つのロールモデルになる可能性があり、引き続き注目していくと面白いと思います。

e-Gulden(イーグルデン)の最近のニュース・最新情報・今後の予定

今後のロードマップは公表されておりません。

e-Gulden(イーグルデン/EFL)の評判・感想・雑談の掲示板

※禁止事項に反する書き込みは見つけ次第、削除致します。※悪質なユーザーの書き込みは制限します。

コメント数 0件

他のコメントの書き込みをみる