シャオミから、自社のIPOを対象としたICOトークンとは無関係との声明

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

スマートフォンメーカーのXiaomi(シャオミ)は、Xiaomiの株価に連動すると言われているトークンを販売するICOとの関係について、公式に否定しました。

この中国のスマートフォンメーカーは、現在、7月9日に香港証券取引所のメインボードで上場する予定です。

47億ドルの資金調達を目指しており、XiaomiのIPOは香港で最も注目される株式公開の1つと見なされています。そして、このIPOは、少なくとも1つの企業の利益に貢献しているようです。

Blackmoonと名乗っているロシアのブロックチェーン投資会社は、22日、BMxXMIと呼ばれるトークンを提供すると発表しました。このトークンは、Xiaomiの株価に連動します。

しかし、火曜日の南部中国朝刊の報告書によると、Xiaomiは計画について全く知らず、トークン提供プロジェクトを承認したり、支持したりしなかったと述べました。

Blackmoon社のウェブサイトによれば、投資家はBitcoin, EthereumLitecoinでICOに参加でき、Xiaomiの株式を直接所有することなく、Xiaomiの業績に連動する資産を得ることができます。

Blackmoon社は、ICOから調達した資金を法定通貨に交換し、その後証券会社に代わってXiaomiの株式を、流通市場から購入する仲介人に移管すると述べました。

93日の資金拘束の後、投資家はBMxXMIを再度仲介人を通じてトークンを換金することが出来ます。

しかし、同社は、仲介人として行動すると伝えられるブローカーの詳細や、香港の金融市場に参加するための資格を持つブローカーとディーラーであるかどうかは明らかにしていません。

Xiaomi Denies Authorization of ICO Token That Pegs to Its IPO