決済サービス大手Qiwi、暗号通貨投資銀行を設立

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

ロシア最大の電子決済プロバイダの1つであるキウィ(Qiwi)社のブロックチェーンのエグゼクティブは、HASHと呼ばれる暗号通貨投資銀行を立ち上げ、投資家への助言や、適切な規制の整備後の国内企業の資産トークン化を支援している。

この新企業は、3月にブロックチェーン開発とコンサルティング専業会社として設立されたQiwiの子会社であるキウィ・ブロックチェーン・テクノロジー(Qiwi Blockchain Technology)社のシニアスタッフによって開始された。

「ロシア初の暗号通貨投資銀行」と名づけられたHASHは、顧客のICOを管理し、ブロックチェーンネットワークを構築し、資金調達のサポートをを行う。

このプロジェクトは、ビットフューリー・キャピタル(Bitfury Capital)、アイテック(Itech)、インヴェンチャー(InVenture)、ターゲット・グローバル(Target Global)、ハショ(Hosho)、ウィングス(Wings)、ルートストック(RootStock)などの国際的なフィンテック企業と提携していると、Qiwi Blockchain Technologyのパートナーであり、HASHの企業関係者でもあるコンスタンティン・コルソフ(Constantine Koltsov)氏は述べている。

コルソフ氏はこう付け加えた。

我々は、取引サービス、リサーチ、ICOアドバイザーを提供する国際的な暗号通貨銀行を作るつもりである。

適切な規制が行われれれば、天然資源や重工業などの伝統的な経済分野の企業がICOを通じた資金調達を行うのを支援する予定だ。

特に、HASHは金融機関に対し、投資を検討している暗号通貨プロジェクトの完成度の向上をアドバイスしている。市場で詐欺事件が多発しているために、ICOに懸念を抱いている人が多いからだ。

コルソフ氏は、HASHはすでに自社の名前を冠していないが、2000万ドルを調達するためにICOを立ち上げる際に、民間の石油ガス会社と協力していると明言した。

ICOは、主要なロシアが西欧各国からの経済制裁下にあり、西側の組織から資金を借りることが難しい場合に有用だと彼は言った。

ロシアはブロックチェーンと暗号通貨資金の規制をまだ通過していないため、HASHは当初、他の管轄区域に登録されたプロジェクトに取り組む予定だが、ロシアの投資家は同社の助けを借りて様々なICOに自由に参加することができると、コルソフ氏は述べた。

HASHチームは、ロシア議会が、暗号通貨とブロックチェーンを規制している法案を今年秋に通過させることを期待している。それ以外の場合、同社は法的に見て様相の異なるプロジェクトに引き続き焦点を当てると同氏は付け加えた。

Execs at Payments Giant Qiwi Launch Crypto Investment Bank