仮想通貨(コイン)の Darcrus(ダークラス/DAR)とは?買い方・価格・取引所・時価総額・チャート・将来性・高騰/暴落

Translate this article into English

シェアする

最新のDarcrusの価格・時価総額・出来高

通貨名Darcrus
通貨略号DAR
公開日
システム
発行上限枚数5000万枚
取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所
公式サイト

Darcrus()のローソク足リアルタイムチャート

Darcrus(ダークラス)とは?基本情報


Darcrusは、2017年1月に取引が始まった、比較的歴史の短い仮想通貨です。略号はDARです。

Darcrusは、以下の3点を特色とする仮想通貨プロジェクトです。

  • BaaS(Blockchain as a Service)
  • 保護、暗号化、保存
  • 自動的な情報置き換えとリカバリー

顧客の機密情報は、重要なミッションであり、この情報を保護することは、ビジネスで成功する上でまず第一に中心となる重要な教義です。

Darcrusプロジェクトは、分散アプリケーションと組み合わせたJupiterブロックチェーンを使用して、現在のビジネスの方法を完全に変えようとしているプロジェクトです。

完全にカスタマイズされたGUIを使用して、追跡、請求、課金、認証といった目的など、クライアント固有のニーズに合わせてアプリケーションを調整できるようにしています。

情報は、ジュピター・ノード・システム(Jupiter Nodal System)で自動的に暗号化され、複製されます。すべての変更がジュピター・ノード・システムに記録されるため、誰もその情報を勝手に改ざんすることはできず、保存されている暗号化された情報を不正な第三者が盗み読むこともできません。

さらに、情報の分散化は、企業にとってバックアップとデータ復旧をする際にとても有益となるものであり、時間とお金の両方で莫大な投資を必要としません。

Darcrusプロジェクトは、機密情報の厳密な保管をブロックチェーンを利用することで成し遂げようとするものです。

Darcrus(ダークラス)の特徴・仕組み

Darcrusは、ビジネスの上で、最も根本的に大切となる機密情報の保管、保存に重点をおいた仮想通貨プロジェクトになります。このプロジェクトでは、JupyterとMercuryという2つのシステムをうまく活用し、その目的を達成しようとしています。

ここでは、この2つのシステムを説明します。

  • Jupyter
  • Mercury

Jupyter

Jupiterは、カスタマイズ可能な分散型ネットワークです。Darcrusが、このプライベートブロックチェーンのアプローチを選択した理由は、既存のパブリックブロックチェーンが使用された場合に、企業が対応しなければならない膨大な手数料のためです。

データを格納するためにソフトウェアが必要となるJupiterトークンは、公に取引可能ではありません。Jupiterをベースにした製品を購入した後、開発会社から企業にこのトークンが提供されます。さらに、Jupiterのトークンによって燃料を供給される分散型暗号化メッセージングシステムも、Jupiterクライアント自体で利用できます。

Mercury

Mercuryは、Weavesチェーンという、パブリックチェーンとプライベートチェーン間のやりとりを行うチェーンと共同で作用するブロックチェーンです。JupiterブロックチェーンからWavesチェーン、およびWavesチェーンからJupiterブロックチェーンへと、双方向でクロスチェーン通信とタイムスタンプを送り合うことができます。

Mercuryは、すべてのJupiterブロックハッシュをWavesブロックチェーンに自動的にタイムスタンプを押します。プライベートブロックチェーンのブロックハッシュをパブリックブロックにハッシュコピーすることで、誰もプライベートブロックチェーンのデータを改ざんしていないという、否定できない証明を与えることができます。

Darcrus(ダークラス)の相場・チャート・高騰/暴落情報

  • 取引開始日  :2017年1月12日
  • 取引開始時価格:0.019274$
  • 直近価格   :0.142827$
  • 最高値    :0.731856$(2017年9月18日)
  • 最安値    :取引開始時価格

Darcrusは、2017年1月に取引が始まりました。取引開始当初から、価格が上がっていき、1週間程度で約3倍の価格にまで到達しますが、この価格で近辺に落ち着き始め、低調なまま価格が推移していきます。

この低調な推移が3ヶ月程度続いたのち、4月に価格が大きく高騰し始め、6月に大きなピークを迎えます。その後、大きく急落しますが、9月に再度価格を持ち直し、9月18日に取引開始時価格の3倍以上となる最高値を記録します。

12月にも過疎通貨業界全体の盛り上がりに合わせ、再々度価格上昇が起こっておりますが、その度に急落しており、現在は下落の一途を辿っています。

今後も市場の影響を大きく受けることが予想され、取引には注意が必要だと思われます。

Darcrus(ダークラス)の買い方・売り方・購入方法・取引所

Darcrusの購入できる取引所はこちらです!

取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所

Darcrus(ダークラス)の将来性

Bitcoinは、ブロックチェーン上でトランザクションのやりとりが公開されていることから、プライバシーに弱いと言われています。

Darcrusは、Bitcoinのこのような点に対応するブロックチェーンプロジェクトであり、またプライバシーや機密情報の保持が非常に重要となりつつ現代で非常に有用なものだともいえ、今後も非常に楽しみなプロジェクトです。

Darcrus(ダークラス)の最近のニュース・最新情報・今後の予定

今後は、ビジネス環境に合わせた開発を行っていく予定です。

Darcrus(ダークラス/DAR)の評判・感想・雑談の掲示板

※禁止事項に反する書き込みは見つけ次第、削除致します。※悪質なユーザーの書き込みは制限します。

コメント数 0件

他のコメントの書き込みをみる