Liskドキュメントの紹介と移行ガイド

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

Liskチームはこれまでで最大の成果となるLisk Core 1.0に精力的に取り組んできました。

ゴールは目前ですが、6月28日の木曜日にLisk Core 1.0をテストネットでリリースするのに先立ち、最新のLiskドキュメント移行ガイドを共有し、誰もがLiskに移行してLisk製品の変更点や最新情報を認識できるようにしたいと思います。

Liskドキュメントと移行ガイドには、可能な限り早くLiskへの協力を始められるよう、Lisk ProtocolLisk CoreLisk ElementsLisk CommanderLisk HubLisk Explorerの包括的な一連のドキュメントが含まれています。

この記事ではLiskドキュメントの様々なセクションを分類し、Liskの最新バージョンへの移行の手助けをし、Liskネットワークの基礎を複雑な側面と併せて紹介します。

Liskはブロックチェーン・アプリケーション・プラットフォームで、JavaScriptで書かれたSDK(Sidechain Development Kit)を通じてブロックチェーン技術を広めることを使命としています。

JavaScriptは世界でもっとも広く使われているプログラミング言語です。Lisk経済圏の暗号通貨はLisk(LSK)と呼ばれています。

Liskプロトコル

このセクションではLiskプロトコルの概要を説明します。ここではLiskの基礎のすべてを学ぶことができます。

Lisk合意アルゴリズムの入力と出力、Liskシステムのあらゆる側面を保護するハッシュなどを使ってLiskネットワークを保護するための方法、Lisk経済圏の各ブロックはどのように機能するのか、取引はどのように行われ取引に伴う機能はどのように利用できるのか、そして最後に、Liskネットワークの不可欠な機能としてピア・ツー・ピア通信がどのような役割を果たしているか、について完全に説明しています。

ピア・ツー・ピア通信を利用することで、ネットワーク上での合意やブロック伝播、取引伝播が円滑に行われます。

Liskコア

LiskコアはLiskプロトコルを実装したアプリケーションです。ノードを実行しLiskネットワークに参加できるようにするためにはLiskコアが必要です。

私たちは現実のネットワークでリリースする前に、まずはコア1.0テストネットをリリースし、テストモードで実行する予定です。Liskコアの新しいバージョンと修正版はメインネットでリリースする前にテストネットでテストされます。

メインネットは実際のLisk経済圏としての役割を果たしており、ユーザーはアカウント間で送金したり、アカウントを代理として登録したり、他の代理人に賛成票を入れたりできます。

LiskドキュメントのLiskコアのセクションでは、Liskコアのインストールに備えた準備方法や必要な前提条件、インストール方法や将来的なアップグレード方法について詳しく説明しています。

さらに問題が発生した場合のトラブルシューティングについても包括的なガイドを提供します。そして、このセクションにはLiskコアノードを管理し設定するためのLiskコア・ユーザーズ・ガイドが含まれています。

新規にLiskユーザーになられた方は一般的な設定方法から読み始めることをお勧めします。代理ノードあるいはパブリック・ノードを実行したい場合は追加の設定が必要になります。

Liskコア1.0には重要な変更点が数多くあります。Liskコア開発のコースでは、後方互換性がなく実行中のバージョンと厳密に関連する設定上の変更点について説明してきました。Liskコア移行のセクションではこの変更点について詳しく説明しています。

私たちはLisk APIを完全に見直し改良しました。この点についてはLiskコアAPIユーザー・ガイドの中で以前のバージョンと最新版をあらゆる点から比較した便利な表を使って説明しています。

Liskコアプロジェクトへの貢献は大歓迎です。GitHubのLiskコア貢献ガイドを確認し、Gitterで開発向けの議論に参加してみてください。

Liskエレメンツ

Liskエレメンツは様々なLisk関連機能をカバーする、個別にインストール可能なモジュールを含んだJavaScriptライブラリです。

このセクションでは、Liskエレメンツの構成方法、インストールに必要な前提条件、インストール方法について段階的に説明しています。インストール後のアップグレード方法やLiskエレメントの正しい使い方についてLiskエレメンツ・ユーザーガイドを使って学べるようになっています。

LiskエレメンツのAPIクライアント、定数、暗号学、パスフレーズ、取引について書かれた包括的なサブセクションもあります。

Liskコマンダー

Liskコマンダーは、コマンドラインインターフェース(CLI)を使って効率良くコードを書きたいと思っている開発者のためのもっとも便利なツールです。コマンドごとにGUIを作るよりも、新しいコマンドをCLIに組み込むほうが簡単で早く作れます。

Liskコマンダーは、代理、ノードのオペレーター、Liskコードベースへの貢献者、Liskのインフラを利用する開発者(と興味のある人は誰でも)がLiskの機能をコマンドラインから簡単に利用する手助けをします。

Liskコマンダーはリモートまたはローカルノードと通信して、インタラクティブまたはインタラクティブではないコマンドラインツールを利用してLisk関連の機能を実行できるようにします。

さらに進めて、コマンドを追加してLisk関連のニーズを満たすための包括的なコマンドスィートを提供できるようになる予定です。

このLiskコマンダーのセクションではLiskコマンダーの構成方法、インストールに必要な前提条件、そしてインストール方法について説明しています。インストール後のアップグレード方法や、Liskコマンダーの正しい使い方や設定方法についても、Liskコマンダー・ユーザガイドを見ながら学習できます。

また、Liskコマンダーの機密の入力やコマンドについての説明に特化したセクションも用意しています。

Liskハブ

LiskハブはLisk IDやLSKトークンへのアクセスや送金、メッセージへの署名、代理への投票を管理するオール・イン・ワン・ソリューションです。

かつてのウォレットやブロックチェーン・エクスプローラーの機能を統合したものになっています。Liskハブは将来的に分散型取引所(DEX)やサイドチェーン登録、そして独自のICOを立ち上げる能力を特徴としています。

Liskハブはこのセクションでダウンロード可能です。Liskハブを自分のデバイスにダウンロードした後はLiskネットワークに参加できるようになります。

最新バージョンが入手可能になるとLiskハブのアプリは自動的に通知します。しかしアップグレードをしなかった場合でもメニューバーにある「Help」や「Check for updates」を確認することでアップグレードが利用可能かどうかを確認できます。

Liskハブ・ユーザーガイドではLiskハブが提供する多くの機能の詳しい概要と構成手順を段階的に説明しています。

Liskエクスプローラー

LiskエクスプローラーはLiskブロックチェーンの情報や活動状況を可視化して提供するツールです。Liskエクスプローラーは特定のブロックや取引の情報、そしてLiskネットワーク全体と代理人の状況についての一般的な情報を収集します。

ネットワークモニターや代理モニターのようなコンポーネントはLisk経済圏の状況をリアルタイムで表示します。

このセクションにはLiskエクスプローラーの構成方法、インストールの前提条件、インストール方法について詳しい手順が掲載されています。Liskエクスプローラー・ユーザーガイドを基に様々なツールやAPIを使いながらLiskエクスプローラーの正しい使い方を学習することもできます。

Liskドキュメントと移行ガイドが役に立つことを願っています!フィードバックは私たちにとって非常に重要です。本ガイドへの意見や貢献できることがございましたらお知らせください。

最新の開発状況についてはソーシャルメディアやチャットで確認してください。日頃からのLiskコミュニティへのご支援に対し感謝いたします!

– Liskチーム

Lisk(リスク)とは?基本情報 Lisk(リスク)は、分散型アプリケーションプラットフォームであり、その中で利用可能な仮想通貨が...

Introducing the Lisk Documentation and Migration Guide