Facebookは禁止を緩め、一部の仮想通貨広告を受け入れ

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

Facebookは、仮想通貨に関連する広告制限を緩和しています。

このソーシャルメディア大手が、火曜日公開したHPの記事によると、いくつかの企業がプラットフォームに広告を掲載することを可能にする「仮想通貨製品とサービスに対して、新規ユーザーをサービスに適応させるプロセス要求」と題する申請フォームを掲載しました。

しかし、FacebookはICOやバイナリー・オプションに関しては広告を許可しない予定です。 Facebookは数か月に前に、最初に仮想通貨広告に対する禁止措置を取り、それ以降、Twitter、Googleなどの大手サイトも同様の行動を取りました。

申請フォームには、Facebookは、応募企業に対し、提供したいサービスの種類に関する詳細内容を求めていることが示されています。

例えば企業が営業するためのライセンスを持っているのか、それとも上場企業であるのかを尋ねます。また、仮想通貨広告に対するポリシーを概説する法的補遺を発行しています。

注目すべき点として、Facebookは、将来的にその企業ポリシーを再度調整を行う可能性を示唆しています。

Facebookのプロダクトマネジメント・ディレクターのロブ・リーザン(Rob Leathern)氏はブログの記事で次のように書いています。

このような制限があると、誰もが広告を掲載することはできません。しかし、我々はフィードバックを得ることで、このポリシーがどれほどうまく機能しているか判断したいと思います。

そして、このブロックチェーン技術や動向を調査し続けることで、必要に応じて、ポリシーを変更していきます。

この動きには、仮想通貨PR業界から早々と賞賛の声があがっています。

仮想通貨広報会社のDitto PRの創設者であるトレイ・ディット(Trey Ditto)氏は、Facebookの動きが「信用できるブロックチェーンプロジェクト、仮想通貨関連企業やICOを新しい潜在的顧客や投資家の前で受け入れるための第一歩」だと述べました。

さらに同氏は、「これはFacebookの広告収入を大幅に押し上げるだろう。大半のブロックチェーンプロジェクトが有料広告を運営することに興味を持っている。」と語りました。

Facebook Relaxes Ban, Accepts Some Crypto Ads