カナダのケベック州でマイニング業者が電力需要を申請

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

カナダ、ケベック州の公共電力事業者であるHydro-Quebec社は、仮想通貨マイニングに対応するための新しい枠組みを策定する計画を州政府に提出しました。

計画が承認されれば、Hydro-Quebec社が仮想通貨マイニング会社に500メガワット分の電力を配分できます。

さらに先週の声明では、ケベック州の雇用創出能力と経済的利益に基づいて、Hydro-Quebec社の入札を仮想通貨マイニング会社が入札できるようになると、政府機関であるRégiede l’énergieは述べています。

Hydro-Quebec社は、問題の迅速な解決を求めています。今月初めに「前例のない」 レベルの需要として挙がったため、新しい承認審議の対象として提案されました。

同社はまた、他の顧客のために、仮想通貨マイニング会社のためにその年の間に使用することできる電力の上限量を定めることを望んでいます。 この懸念は、北米で仮想通貨マイニング会社、地方自治体、住民の間でよく見られる紛争の種でした 。

Hydro-Quebec社は次のように述べています :

仮想通貨マイニング会社は出来るだけ早く事業を開始したいと要望を挙げていますが、弊社は、彼らに対し電力使用量を年間最大300時間削減するよう要求することができますし、特に冬のピーク時には、他のすべての顧客が困らないように電力を供給します。

3月に発表された文書によると、Hydro-Quebec社は今年初めに、すべての需要を支えることができないと指摘したと書かれています。

Quebec Weighs Plan to Sell 500 Megawatts to Crypto Miners