ゴールドマン・サックスCEO:私はビットコインは好きじゃない

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

ロイド・ブランクフェイン氏にとって、ビットコインは合わないようだ。

ゴールドマン・サックスの会長兼、最高経営責任者である彼は火曜日のインタビューで、世界でも最大の仮想通貨の時価総額について「私は使いません」と答えた。

The Economic Club of New York(米NPO)で、同氏は

私はビットコインを運用しないし、持つこともありません。

と、述べた。

ブランクフェイン氏はこれまでのまだ確立されていない仮想通貨については歓迎しない姿勢だった、彼の会社が技術の周囲に構築されたサービスの流れを変えるという報告は注目に価するだろう。

ニューヨーク・タイムズ紙によると、大手投資銀行は、規制当局からの認証やその結果によるビットコインのびしろを注視しつつ、ビットコイン先物取引の計画を進めていると語ったという。

ブルームバーグ紙で11月に行われた前回のインタビューでも、ブランクフェイン氏はビットコインに対して「愉快ではない」が受け入れることはできると答え、「私は長年の経験から、好みに関わらず成果を生み出すものがたくさんあるとを学んできました」とも語っている。

新しい世界とは、コンセンサスに裏打ちされている世界かもしれない。もし未来でビットコインが成功すれば、それがいかに自然な金融の進化であるか説明できるでしょう。

ウォール・ストリート・ジャーナル紙は3月、ブランクフェイン氏が会社を年度末に訪れるであろう退職の準備を進めていると報道した。

Bitcoin Is “Not For Me&” Says Goldman Sachs CEO – CoinDesk