仮想通貨(コイン)の Indorse Token(インドース・トークン/IND)とは?買い方・価格・取引所・時価総額・チャート・将来性・高騰/暴落

Translate this article into English

シェアする

最新のIndorse Tokenの価格・時価総額・出来高

通貨名Indorse Token
通貨略号IND
公開日2017年8月8日
システム
発行上限枚数1億7100万枚
取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所Gatecoin,Liqui,Hitbtc,,Coss
公式サイト

Indorse Token()のローソク足リアルタイムチャート

Indorse Token(インドース・トークン)とは?基本情報


Indorse Tokenは、2017年9月に取引が始まった、まだ歴史の浅い仮想通貨です。略号表記はINDとなります。

Indorseは、スキルの測定の問題をソーシャルネットワークなどを利用して解決するプロジェクトです。

誰がどのようなことに精通しているか、を知ることは、経済のコアとなる部分です。例えば、社員の採用活動をするとき、どの会社も応募者のスキルを見定め、採用するかどうを決定します。

しかし、今日のスキルや能力の測定方法には、根本的な部分で欠陥があります。資格や能力を証明する証明書は、多くの時間とお金を必要とし、新しい必要とされ始めたスキルについては、そういった証明制度がそもそも存在しません。個人的な判断とレコメンドは、偏見と詐称に満たされていることも多いです。

従来のソーシャルネットワークでは、ユーザーは、貴重な個人データを無料で捨ててしまっています。一方で、プラットフォームは、あらゆるユーザー活動を記録し、データを広告主に販売しています。ユーザーは、この重要な貢献に対して何の報酬も得ていません。

Indorseでは、単純で客観的な方法でスキルを検証するために、さまざまな方法を利用します。例えば、分散型のコンセンサスシステムです。ここでは、ランダムで匿名で他のユーザーから判断されたり、AIベースのチャットボットのようなシステムによって、自動でリアルタイムに検証されたりします。

ユーザーは、INDトークンを使用してプラットフォーム上でのアクティビティに対しての報酬を受け取ります。これらのトークンは、後でプラットフォーム上で取引され、広告などのサービスや有効な繋がりを持った会社ページの購入などに利用できます。

Indorse Token(インドース・トークン)の特徴・仕組み

Indorse Tokenは、個人のスキルの測定とその利用をより現実に沿った方法で行えるようにするためのプロジェクトです。

その特徴は下記になります。

  • プロフェッショナル・ブロックチェーン・プロフィール
  • スキルの証明
  • 評価スコア
  • 会社ページ
  • 収入

プロフェッショナル・ブロックチェーン・プロフィール

ブロックチェーン上で、いつでもどこからでも、自身のプロフェッショナル・プロフィールを作ることができます。

魅力的な方法で、キャリアパスのビジュアルを際立たせ、目立たせることができます。

スキルの証明

匿名で、シンプル、客観的な方法で、利用者は自身のスキルを証明してもらうことができます。

評価の方法には、他の専門的なユーザーのコンセンサスやチャットボットのようなAIをベースとしたシステムとの交流によるものがあります。

評価スコア

評価スコアは、プラットフォーム上で自身の活動の質を計測し、その利用者がIndorseにもたらした価値を指し示すものです。

会社ページ

Indorseの分散型の専門ネットワークの上で、企業は今後従業員となる可能性のある人やパートナーに対して、自身の企業を後悔することができます。

収入

Indorse上で、利用者はこのプラットフォームの成功に参加することができます。Indorseやそのネットワークに力を与えるトークンの利用を通して、報酬獲得することができます。

Indorse Token(インドース・トークン)の相場・チャート・高騰/暴落情報

  • 取引開始日  :2017年9月19日
  • 取引開始時価格:0.199051$
  • 直近価格   :0.031541$
  • 最高値    :0.344786$(2018年1月11日)
  • 最安値    :直近価格

Indorse Tokenは、2017年9月に取引が始まりました。取引開始当初から、大きなボラティリティのもと、価格が下がっていきます。2ヶ月程度価格下落の動きが続いたのち、12月初頭から価格が上向き始め、12月後半の仮想通貨業界全体の盛り上がりに合わせて、価格が急騰します。

そして、年明けの2018年1月11日に取引開始時価格の約1.8倍となる最高値を記録します。これを境に価格が再度下落基調に転じ、現在まで価格が下がり続けており、底値を割る展開が続いています。

今後の取引にも注意が必要だと思われます。

Indorse Token(インドース・トークン)の買い方・売り方・購入方法・取引所

Indorse Tokenの購入できる取引所はこちらです!

取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所 Gatecoin,Liqui,Hitbtc,,Coss
※Indorse Tokenを購入するには、「bitFlyer(ビットフライヤー)」「Zaif(ザイフ)」に登録し、ビットコインを購入してから海外取引所に送金する必要があります。 国内取引所はアプリの使いやすさNo.1のbitFlyer(ビットフライヤー)がおすすめです!

ビットフライヤーの無料登録はこちら

Indorse Token(インドース・トークン)の将来性

労働力不足と人材のミスマッチが問題とされている日本において、このIndorse Tokenは、効率的な労働力の配置を実現し、労働力不足を解決しうるものとして、非常にポテンシャル溢れたプロジェクトだと思います。

プラットフォームの具体的な運用は今後始まりますが、引き続き注目していくと面白いと思います。

Indorse Token(インドース・トークン)の最近のニュース・最新情報・今後の予定

今後、プラットフォームを順次改良し、リリースしていく予定です。

Indorse Token(インドース・トークン/IND)の評判・感想・雑談の掲示板

※禁止事項に反する書き込みは見つけ次第、削除致します。※悪質なユーザーの書き込みは制限します。

コメント数 0件

他のコメントの書き込みをみる