韓国銀行:中央銀行が暗号通貨を発行すれば「モラル・ハザード」を呼ぶ

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

韓国の中央銀行は、景気を不安定にする恐れがあり、独自のデジタル通貨を開始する計画はないと発表した。

月曜日の朝鮮日報によると、韓国銀行は、中央銀行のデジタル通貨(CBDC)を発行すると、金融政策とその実施に悪影響を及ぼし、事実上市場の不安定さを引き起こし「モラル・ハザード」を呼ぶ可能性がある、と述べた。

暗号通貨は法定通貨のような機能を果たすことは実質上できないためだ。さらに韓国銀行(BoK)は、「デジタル通貨はお金として機能しない」とまで言及した。

韓国銀行のエコノミストであるKwon Oh-ik氏は報告書の中で語ったところによると、中央銀行はデジタル通貨を通貨として利用する可能性を検討し始めたが、

我々の考えでは、デジタル通貨は、信用、流動性、法的管理に関連する様々なリスクのカテゴリーにさらされている。

とのことだ。

より広い視野から見ると、従来の通貨とデジタル通貨の無制限の発行により「社会的なコストが発生し、社会福祉が損なわれる」可能性があると報告書は続け、こう付け加えた。

韓国銀行が通貨の発行を完全に制御する唯一の組織であることが望ましい。

しかし中央銀行はCBDCに対して全く否定的ではないが、銀行システムを「革命的」にすることができると言っている。それでも、承認される前に厳格にテストする必要がある。

朝鮮日報によると、報告書はデジタル通貨の民間発行の規制を勧告しているが、政府は保有価値を誇張する可能性を少なくするよう、デジタル通貨発行者に課税すべきだと付け加えた。

技術の改善は、民間部門が資金の発行権を持つことを許可するということを意味するものではない。

もしそうなれば、韓国銀行が適切に統制すべきだ。

技術を研究するタスクフォースを設立した1月以来、中央銀行はCBDCの可能性と金融セクターにどのように影響を与えるかを研究してきた。

Bank of Korea: Central Bank Cryptocurrencies Pose ‘Moral Hazard’