Factomブロックチェーン・プロジェクト、米国の国境巡視データを保護する権限を獲得

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

国土安全保障省(DHS)は国境パトロールのカメラとセンサーからデータを保護するためのプラットフォームのベータテストをサポートするために、Factom社に192,380ドルを授与しました。

DHS科学技術局のアイデンティティ管理研究開発マネージャーであるアニール・ジョン(Anil John)氏は、以下のように述べました。

Factomの初期の段階では、アーキテクチャーの選択と既存の技術とのブロックチェーンの統合が行われました。

フェーズⅣでは、この技術を現実的な現場環境に導入し、その影響を理解するために、税関と国境保護(CBP)に導入する予定です。

テキサス州のスタートアップであるFactom社は、センサーとカメラで収集されたデータをブロックチェーンに統合し、データを保護し、偽装、修正、または中断する機会を排除する技術を開発中です。

ファクトムの製品は、限られたインターネット環境と天候の変化を考慮に入れた環境でテストされ、実際の国境パトロールにおいてその性能を評価します。

このプロジェクトは、DHSによる、テクノロジー企業が24ヶ月間に80万ドルの資金を申請できるシリコンバレー・イノベーション・プログラムの一環として、Factom社への4回目の資金提供によってなされました。

Factom社を含む23の企業は、物品のインターネット、無人航空機システム、金融サービスのためのサイバーセキュリティソリューション、世界的な旅行評価システム、空港の旅客処理、ウェアラブル技術およびその他の技術を組み込んだ、DHSソリューションを開発中です。

Factom社は現在のプロジェクトの開発を開始するため、2016年にDHSから200,000ドルを受け取りました。

これらのデバイスは確かに存在しますが、時間の経過に伴ってこのデバイスのアイデンティティを構築し続けるにはどうすればよいでしょうか?

ブロックチェーンは、変化を記録する触媒になる可能性があります。

Factom社は、過去3年間にいくつかの資金調達活動を成功させました。2015年には110万ドルの資金を調達し、その後、その年後半に400,000ドルの資金を調達しています。

さらに、2016年10月に420万ドルを調達し、続いて昨年4月にAシリーズが延長され、800万ドル以上を調達しました。

Factom(ファクトム)とは?基本情報 Factomとは、データや書類などの情報をブロックチェーン上に保管することができる分散型...

Factom Blockchain Project Wins Grant to Protect US Border Patrol Data