イーサリアム最大の同時アップデート、実装迫る

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

イーサリアム最大の同時アップデート、実装迫る

イーサリアムの開発者チームが予定されていた新技術の発表を変更する可能性があるという。

計画が再検討されているという噂について触れながら、イーサリアム創設者のヴィタリック・ブテリンは金曜日に開催されたプラットフォームのオープンソース・ソフトウェア開発者向けの会合で、導入が最も期待されていたキャスパーとシャーディングの順番を、チームが変更するかもしれないというアイデアについて述べた。

ブテリン曰く、研究が進んだ結果、シャーディングとキャスパーを別々にリリースするのではなく、同時にアップグレードを行なうことが可能になるかもしれないという。

つまりキャスパーは以前提案されていたようなスマートコントラクトとしてではなく、サイドチェーン(ブロックチェーンの機能を拡大するための新たなチェーンのこと)、またはシャード(ブロックチェーン・ネットワークで取引の検証作業を役割分担し、並列化を目指したその一つ一つのグループのこと)上で展開するというアイデアである。

これは最終的な製品ではなく、計画の途中においての大幅な見直しです。

ブテリンは言う。

キャスパーはイーサリアムが長年計画してきたコンセンサス・アルゴリズムのプルーフ・オブ・ステーク(通貨を多く保有している者ほどブロックが承認される確率が高くなるシステム)で、現在のプルーフ・オブ・ワーク・システムよりもエネルギー効率がよく平等だが、取引量の拡大に伴うスケーリング問題に対処するにはシャーディングが鍵となる。

このようにして、ブテリンはこれらの技術が完成して結び付けば、桁違いに効率の良いプロトコルを生み出せるだろうと述べた。

ブテリンは言った:

この仕組みは理論的には最大限にまで効率を高めることができます。

コインデスクに語った詳細によると、キャスパーの現在のバージョンであるキャスパーFFGは、イーサリアムのソフトウェアの利用者がEIP1011というスマートコントラクトで試験的に使っている。

しかしながら今日の会合の結果として、そうした研究は新たな仕組みができあがったことで中止になりうるという。

これを開発してきた者としては、事態を受け入れ、新たな一歩を踏み出すのに少し時間がかかりました。でも今は問題ありません。

遅かれ早かれ、本当に望んでいたものにたどり着いていたでしょうから。

EIP1011の開発者ダニー・ライアンは会合で語った。

これらの情報を踏まえると、イーサリアムの開発者たちはプラットフォームの次のハードフォーク(仮想通貨の互換性のないアップデートのこと)であるコンスタンチノープルが、キャスパー関連の変更を含まないというアイデアも受け入れているように思われる。

大きな利点

ブテリンによると、シャーディングを組み合わせた変更を行なうことでいくつかの利点が生まれるという。

シャーディング・システムの最終段階を目指している途中で、一つのシステムの開発がそれに近づいていくことがあります。

さらに、キャスパーの初期バージョンをシャードに加えることで、ネットワークの安全性を高めるのに必要な資金が1,500ETHから、ブテリンの最新の見積もりでは32ETHまで、大幅に減少したのだ。

この低い数値のおかげで、ブテリンは「普通の個人が直接出資しても、十分に存在感を維持することができる」と言って、さらにこの新しいモデルによってキャスパーはイーサリアム・ブロックチェーンに干渉することなく作動できると付け加えた。

キャスパーの構成要素はメインチェーンからはある程度分離しています。つまり、メインチェーンを妨害することなく、そして分離したチェーンとして独自のルールを備えたまま開発することが可能なのです。

これらのシステムの間に、とてもはっきりとした壁ができているのです。

シャーディングの開発者ジャスティン・ドレークもこの点を繰り返す。

「これによって新たな機能性が生まれ、パフォーマンス特性が劇的に変わります」ドレークは言った。

ドレークはさらに、新システムにはセキュリティ上の利点があるという。

例えば、そうしたシステムはキャスパーとシャーディングのノードの間に「悪意」が入ることを想定しながら、双方のシステムのセキュリティを高めている。

シャーディングのバリデーター(取引の検証者)になることなく、キャスパーのバリデーターになることはできません。

開発者はまた、キャスパーの研究チームとシャーディングのチームを合わせることによる利点にも触れている。

彼は会合で語った:

全体として、キャスパーとシャーディングにはさらに統一できるところがあり、チームはこれらのプロジェクトに取り組んでいます。それはすばらしいことだと思います。ネットワークの効率がさらに高まることでしょう。

Proposed Ethereum Roadmap Would Activate Its Biggest Upgrades Together – CoinDesk