中国の銀行が信用ブラックリストをブロックチェーンで共有

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

中国の小売大手、蘇寧銀行(Suning Bank)は、参加銀行が信用不良者のブラックリストを共有、記録し更新することを可能にするコンソーシアムブロックチェーンをテストしています。

木曜日の地元の新聞Sina Finance紙によると、蘇寧銀行は、ブラックリストを分散データベースに移動させ、他の銀行との間で信用詐欺を防止するための努力をしています。

このシステムを使用すると、各参加機関は、蘇寧銀行が共有する元のブラックリストにアクセスできるブロックチェーンのノードとしての役割を与えられます。

参加機関は、自分のデータでリストを更新することができます。

蘇寧銀行は2017年に蘇寧電器(Suning)社によって設立され、中小企業に融資を提供するために設立された民間企業が立ち上げた、中国初のオンラインオフライン商業銀行の1つです。

ユーザーの信頼性に関するデータを共有し、クレジットシステムを管理する際にブロックチェーン技術を利用する金融機関が現れてきています。

昨年9月には、他の2つの民間商業銀行である中国中信(CITIC)と中国民生銀行(Minsheng)によって作られた別のブロックチェーンコンソーシアムに加わりました。

ここでは、ブロックチェーンシステムを使用して国内信用状取引を記録しています。

中国中信は3月に、年次財務において、プラットフォームが既に総額1億5600万ドルの取引を促進したと宣伝しました。

Chinese Banks to Put Credit Blacklist on a Shared Blockchain