リップル:なぜオープンプロトコルが分散台帳へ向かう最初の一歩なのか

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

90年代にインターネットプロトコル(IP)が急速に広まった。この通信プロトコルはHTTPやSMTPと共に一連の標準となり、インターネットが相互接続できるようになり、サーバー間で電子メールなどがすぐに送信できるようになった。

標準プロトコルを採用したことで革新に拍車が掛かり、IP上で提供されるサービス(ウェブやストリーミング、IoT)、及びそれを支える新技術(高速イーサーネット、5Gモバイル通信、改良されたWiFi規格)が次々と開発された。

IPが様々なネットワークとその上で動作する様々なアプリケーションの間でデータを共有するための共通フォーマットとなったのと同じように、異なる台帳間で送金するためのオープンプロトコルである台帳間プロトコル(Interledger Protocol:ILP)は、様々な台帳の間で決済を行う共通フォーマットとなるだろう。

銀行業務の標準化

RippleにとってILPは私たちの製品戦略上、重要な構成要素だ。

私たちは銀行業界の多くの顧客から、取引を秘密にし、毎秒数千の処理を行い、考えられるあらゆる種類の通貨と資産に対応できるようにすることが不可欠だ、と聞いている。

そのため、私たちは無数の台帳間での取引を瞬時に処理できるよう、ILPをxCurrentに統合することとした。この方法はブロックチェーンを最大限に活かすものだが、重要な制限に対処している。

これはまだ実験することにこだわっているブロックチェーン関連企業やコンソーシアムとRippleを切り離すものだ。

銀行台帳と既存のインフラへの投資をILPで繋ぐことで、銀行は現在の海外決済を改良し、真の価値のインターネット(Internet of Value)を可能にする一歩を踏み出そうとしている。

海外決済の拡大

しかし現在の決済インフラの改良だけでは十分ではない。多くの銀行は一方では大規模なコルレス銀行(海外送金の際の中継銀行)から搾取されている。一握りのコルレス銀行だけが流動性の効率を管理する能力を持ち、他の銀行に法外な手数料を課しているのが現状だ。

このようなコストは非常に高額となっているので、コルレス銀行との提携数は減少しており、一方でノンバンクの決済企業がその隙間を埋め、低コストで迅速な決済処理を提供し、銀行をコルレス銀行とは逆の面から圧迫している。

銀行にとって競争に対応し顧客を惹きつけて繋ぎとめるための長期的な計画を立てることも重要だ。

次の段階、つまり銀行が所有権を記録した台帳を接続できるようになった後にすべきことは、オープンなデジタル資産での支払いを可能にすることだ。これによりオンデマンドで流動性がもたらされ、海外取引に伴う高額な手数料を減らすことができる。

XRPで支払うRippleの方法は、世界的な資産の流動性を集中させて、どの当事者も流動性プールに寄与してそこから引き出すことを可能にするものだ。すでにアーリーアダプターはxRapidを使って法定通貨とXRPの間で流動性プールを利用する利点を理解している。

将来的な決済インフラ

旧くなった技術の見た目のインターフェースだけを変えて、流行り言葉で売ろうとするだけでは不十分だ。Rippleでは将来に向けて堅固なネットワークを構築することに注力している。私たちのソリューションは今後50年以上の先を見据えた決済フレームワークを構築することだ。

これは現在の金融構造に違和感なく受け入れられる技術、xCurrentを提供することから始まる。xCurrentは分散台帳ネットワークで暗号的にセキュアな取引を実現し既存のシステムに容易に組み込めるブロックチェーン技術だ。

近い将来、私たちはXRP台帳のようなオープン台帳が海外決済を瞬時に行えるようにすることを期待している。銀行はxRapidのような製品を採用し、実質的に安い流動性コストで法定通貨とXRPの間で簡単に取引できるようになるだろう。

IPがインターネットのための新たな配管を引いたように、海外決済の改良は下層のインフラから着手して上の層に向かうようにする必要がある。

リップル・XRP・Rippleはマイニングの仕方に特徴のある通貨です。リップルコインを手にするには採掘をするのではなく、「World Community Grid」というガンなどの研究開発に貢献することでXRPがもらえる仕組みです。

Why Open Protocols Are the First Step in the Distributed Ledger Movement