仮想通貨(コイン)の Rupee(ルピー/RUP)とは?買い方・価格・取引所・時価総額・チャート・将来性・高騰/暴落

Translate this article into English

シェアする

最新のRupeeの価格・時価総額・出来高

通貨名Rupee
通貨略号RUP
公開日2017年1月30日
システムScrypt
発行上限枚数8400万枚
取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所Coin exchange,Cryptopia,Yobit,Novaexchange
公式サイト

Rupee()のローソク足リアルタイムチャート

Rupeeとは?基本情報

Rupee は、2016年に作成されたLitecoinソースコードに基づくオープンソースの暗号通貨です。使用されるトークンはRUPです。Rupeeは、最初に開発者のAdam S.によってインドで立ち上げられ、いくつかの取引所で取引可能になりました。

開発資金を捻出するために、Adamは取引所で事前購入された暗号通貨の大半を、誰でも入手可能な価格で売却しました。

2017年、アメリカ、ヨーロッパ、インド、イスラエルのチームがRupeeの可能性を認識し、プロジェクトに取り組み始めました。彼らは、2017年9月の再スタートを先導しました。

さらにメンバーが追加され、Webサイトの改善、ソーシャルメディア対応、マーケティングイニシアチブ、コードと技術のレビューと更新、開発作業、新しい交換を開始しました。

Rupeeの特徴・仕組み

  • 収益を南アジアの子供の教育に活用
  • 収益モデルの提供
  • Dark Gravity アルゴリズムを使用

収益を南アジアの子供の教育に活用

Rupeeチームは、Rupeeブロックチェーンを米国の非営利団体として登録する法的枠組みを完成させる作業を進めています。現在、暗号通貨の専門家と弁護士の協議が進行中です。

プロジェクトの進捗状況のアップデートは、ホワイトペーパーの次期バージョンに追加されます。 すべての収益は、Rupeeインフラと開発に投資した後、南アジアの教育と福祉に費やされます。

収益を効果的に使うために、南アジア地域に活動の焦点を当てた非営利団体を招待し、パートナーシップの機会について話し合う予定です。

収益モデルの提供

Rupeeをオンラインショップやレンタル店で受け入れる事業者に支払いゲートウェイとPOS(Point of Sale)アプリケーションを提供します。

Rupeeブロックチェーンはオープンソースのネットワークであるため、Rupeeまたは他の暗号通貨を受け入れる支払いゲートウェイを自分で開発することも、サードパーティーを通じて購入することもできます。

RupeeではゲートウェイとPOSアプリケーションが開発され、ルピー専用にテストされているために、両者の提供については事業者にほんの少しの手数料を請求します。

Rupee支払いゲートウェイとPOSアプリを使用して商品を販売する事業者に課金される手数料を収入とします。

Rupee 支払いゲートウェイとPOSアプリケーションは、各取引から1%の手数料を引き出します。 すべての手数料はRUP(またはそれぞれのトランザクションで使用されるそれぞれの暗号通貨)で生成されます。

この手数料は、クレジットカードの支払いを処理するベンダーが請求する手数料よりも大幅に低くなります。 事業者は、この手数料がルピーの非営利活動をサポートしており、従来の支払い処理業者の企業利益には加わらないことに注意する必要があります。

Dark Gravity Waveアルゴリズムを使用

Rupee開発チームは2017年11月10日にコードアップデートを実施しました。このアップデートには、ブロックターゲットの難易度を調整するための新しいDark Gravity Waveアルゴリズムが含まれています。

Dark Gravityはブロックごとに難易度アルゴリズムを調整して、ブロック目標時間の一貫性を保ちます。 Kimoto Gravity Wellでは、複数の指数関数的および単純な移動平均の組み合わせを使用して難易度目標の調整を平滑化し、悪用を軽減します。

このアップデートでは、ブロック時間を一定にしてルピーブロック遅延の問題を修正し(5分)、不正なASIC(マイニング機能をハードウェアで実装した半導体)による採掘の攻撃からネットワークを保護します。

Rupeeの相場・チャート・高騰/暴落情報

  • 取引開始日:2017年1月30日
  • 取引開示価格:N/A
  • 直近価格:$0.770538 USD
  • 最高値:$0.829130USD(2018年1月8日)
  • 最安値:$0.002969USD(2017年9月5日)

2017年1月30日に取引が開始されました。その後、価格は低迷を続け2017年9月5日には、最安値の$0.002969USDを付けます。その後、2017年9月25日より上昇基調に入り、乱高下を繰り返しますが、2018年1月8日には最高値の$0.829130USDを記録します。

Rupeeの買い方・売り方・購入方法・取引所

Rupeeの購入できる取引所はこちらです!

取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所 Coin exchange,Cryptopia,Yobit,Novaexchange
※Rupeeを購入するには、「bitFlyer(ビットフライヤー)」「Zaif(ザイフ)」に登録し、ビットコインを購入してから海外取引所に送金する必要があります。 国内取引所はアプリの使いやすさNo.1のbitFlyer(ビットフライヤー)がおすすめです!

ビットフライヤーの無料登録はこちら

海外で使いやすいオススメの取引所「Coinexchange.io(コインエクスチェンジ)」

おすすめのポイント

  • 取引できる仮想通貨の量が多い!
  • 海外取引所の「Binance(バイナンス)」では買えない通貨が購入できる
  • これから日本に入ってきそうな良い通貨を早く発見できる!

新しい通貨、上昇している、これからの新しい通貨を見つける・購入するのにオススメの取引所は、「Coinexchange.io」です。

Coinexchangeの登録は最短30秒!「メールアドレス」と「パスワード」・「ユーザーネーム」だけで 無料で登録できます

無料登録はこちら

世界最大級の暗号通貨取引数!

コインエクスチェンジ

通貨のソートができて騰落率や1日の高値、安値が見やすい

新しい通貨を見つけるときに、24時間での銘柄の騰落率を並び変えることができます。下がっている通貨を安く買うこともできますし、自分が購入した通貨が上昇しているときに売るというのを一目で判断することができます。また、チャートが非常に見やすくカスタマイズも簡単にできるので、自分の見たい・トレードしやすい形にすることができます。

日本で取引されていない、海外取引所にもない通貨の取引が可能!

日本のビットフライヤー、コインチェック、ザイフなどではおおよそ全部合わせても15種類程度の通貨の売買しかできません。しかしCoinexchangeはおよそ80種類程度の通貨の取引が可能です。新しい通貨、これから注目されるであろう通貨を早く見つけることで、資産上昇のチャンスに繋がります。

無料登録はこちら

Rupeeの将来性

Rupeeの背景にある思想は、短期的な収益を上げることよりも長期的に持続可能な社会の実現に対してどのように貢献できるかです。

米国で非営利組織としての運営組織を立ち上げ、南アジアの子どもたちの教育に余剰利益を投入するのもその現れです。

短期的な収益という意味ではあまり多くを望めませんが、中長期的な持続性に貢献するという意味では未来は明るいでしょう。

Rupeeの最近のニュース・最新情報・今後の予定

公式サイトより以下の予定が発表されています。

2017年

  • 11月  プロジェクトの再スタート
  • 同月   ウェブサイトの改善
  • 同月    White Paperのリリース
  • 同月   ソースコードのフォークとコードのレビュー実施
  • 同月   マシーンウォレット
  • 12月   マーケティング・キャンペーン実施

2018年

  • 進行中             取引所一覧作成
  • 第1四半期      Android とiOS対応のウォレット
  • 第1四半期      支払いゲートウェイ、PoSアプリケーション、
  • 第2四半期      購買者の募集、パートナーシップの締結
  • 第2四半期      多言語対応
  • 第2四半期   RUPEEBASE.COM開設

Rupee(ルピー/RUP)の評判・感想・雑談の掲示板

※禁止事項に反する書き込みは見つけ次第、削除致します。※悪質なユーザーの書き込みは制限します。

コメント数 0件

他のコメントの書き込みをみる