賛成多数:EOSブロックチェーン立ち上げまであとわずか

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

イオス(EOS)ブロックチェーンの立ち上げはこれまで、遠隔での自己組織化という壮大な実験であった。

今夜、この実験は大きな飛躍を遂げた。予想されたように、世界各地にある検証担当者または「ブロックプロデューサー」(EOSのビットコインマイナーに相当)の役割を担う候補者は、メインネットをライブで利用するために「Go」に投票した。

EOSはブロック・ワン(Block.One)によって作成された分散型のプルーフオブステーク(PoS)ブロックチェーンであり、共同設立者のダン・ラリマー(Dan Larimer)氏はビットシェア(BitShares)社とスティーム(Steem)と同様のシステムを開発している。

同社は、1年間の新規仮想通貨公開でオープンソース・ソフトウェアを開発するために40億ドルを調達した。

同社が世界にコードを公開したときに何が起こるかは本当に誰にもわからなかったが、この投票でそれがより明確になっている。

ソフトウェアのリリースに近づくにつれて、ブロックプロデューサー就任を志望している組織のグループが知り合い、EOSメインネットローンチグループ(EMLG)を結成した。彼らはこれまでいくつかの点で同意に達している。最も重要なのは、EOSのメインネットを1つ起動することだ。

100を超える候補組織が土曜日午後1時に集会を開始し、およそ45分後に投票が行われ、1800人以上の人が視聴した。 「Go / No Go」への投票は満場一致、またはそれに近いものだった。司会者は最終得票数を公表しなかった。このミーティングはEOS GOによってYouTube上でストリーミング放送された。

この投票で、任命されたブロックプロデューサーの一組が、ネットワークをライブで利用する方向で動く。こうしたグループはすでに指定されている。

この初期ネットワークは、ストリーム中に提示された計画に従って、13:00 UTCに立ち上がることになっている。そこから、最終的な打ち上げ手順を開始する前に、追加の検証が必要になる。

イベントのEOS Mainnet Launchオーダーによれば、指名されたブロックプロデューサーによるネットワークの開始の後、少なくとも48時間の追加テストが続く。主要なバグを除いて、EOS保有者は一連のブロックプロデューサーに投票するように招待される。

未払いのトークンの15%が投票に賭けられ、選出されたブロックプロデューサーの最初のセットが確立されると、EOSが稼働する。

以前に報告したように、EOSの稼働が実行されるまでにはまだ多くの問題がある。

これらブロックプロデューサーの候補者の多くは、今までに多くの時間と費用をかけて仕事をしている。人気の高い検証者スポットを確保していない人たちは、約束を守るのだろうか、それともライバルのEOSを立ち上げるのだろうか?

The Yes Votes Are In: EOS Blockchain to Launch Imminently