VanEckとSolidX、Bitcoin ETFを開始する新入札に参加

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

投資会社ヴァン・エック(VanEck)社は、金融サービス会社ソリッドX(SolidX)社と提携して、最初のビットコイン取引ファンドを開始しようとしている。

両社は「ビットコインの紛失や盗難に対して保険をかけられる物理的に裏付けされたビットコインETF」をリストアップすると発表した。

この契約に基づき、VanEckはETFを販売し、SolidXはスポンサーとして関わると報じた。記者発表によれば両社は、過去に様々な証券取引所にビットコインETFを個別に申請を出していることに注目したと言及した。

VanEckの最高経営責任者、ジャン・ヴァン・エック(Jan van Eck)氏は、ビットコインは「投資家のポートフォリオにとって理にかなった「デジタル・ゴールド」の一種である正当な投資オプション」だと語った。

エック氏によると、ETFがまだ作成されていないと指摘した上で、「物理的に支援されたビットコインETFを”SolidXと”市場に投入する努力を支援していることに満足している」とコメントした。

CoinDeskの質問に対し、彼はどの資産がファンドの返済に使われるかについての詳細を明らかにしなかった。

SolidXもVanEckも、これまでビットコインETFを開始することに成功していない。 CoinDeskによって以前に報道されたように、両社は、米国証券取引委員会(SEC)の要請により、製品を発売するという以前の試みを撤回した。

ヴァン・エック氏は、彼らが直面した規制上の障害にもかかわらず、ファンドの可能性について楽観的な見方を表明した。

現在、規制プロセスを通じて現在進められている他のコンストラクトよりも優れたものを構築しようと考えている。

物理的に裏付けされた適正なビットコインETFはビットコインの市場価格に連動するように設計され、保険の組合せはビットコインの調達と保有の運用上のリスクから株主を保護するのに役立つ。

発表によると、規制当局の承認を得た場合、新ETFはCBOE BZXエクイティ・エクスチェンジに上場する予定だ。

VanEck, SolidX Join Forces in New Bid to Launch Bitcoin ETF