日本の規制当局、暗号通貨取引所の登録申請を拒否

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

日本の金融市場監督当局は、国内の暗号通貨取引所によって申請されたビジネス登録出願に初めての拒否命令を出す予定であると伝えられている。

日本経済新聞の報道によると、FSHOと呼ばれる取引プラットフォームは、これまでの日本の金融ルールに従わなかったため、金融庁(FSA)による登録申請が拒否される可能性が高い。

これまでCoinDeskが報道したように、FSAはFSHOを含むいくつかの暗号通貨取引所を、完全な規制上の承認なしに国内で運用することを許可していたが、3月と4月に2件の停止命令を出した。

当時のFSAが説明したように、プラットフォームは厳格な顧客熟知(KYC)手続を実施せず、その後マネーロンダリングを匂わせる疑わしい取引を報告しなかったためだ。

日経平均株価報告書は、拒否命令が出される時期を明記していないが、過去のFSA通知は、現在の中断命令が6月7日まで延長されていることを示している。

日経は「FSAは厄介なディーラーを否定することで、健全な取引環境を再建する姿勢を明確にする」と述べた。

報告されたFSAの行動は、もし本当なら、1月に業界に衝撃を与えた5億3,000万ドルのコインクチェック(Coincheck)ハックに続く国内の暗号通貨取引所の調査を強化したとっころを見ると、金融規制当局による断固たる姿勢の現れだと思われる。

Japan to Deny Crypto Exchange Application in Regulatory First