ノーザントラスト社、議事録をブロックチェーンに保管するための特許を取得

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

金融サービス会社のノーザン・トラスト(Northern Trust)は水曜日、ブロックチェーン技術を使って会議の記録をバックアップする方法について特許を取得した。

この方法では、会議に関連するデータを取得するために一連のスマートコントラクトを利用している。それには、参加者の出席者(開催されるデバイスから供給される)、会議開催時間、開催場所などを含む情報が記録される。

これまでに報告されているように、ノーザントラストでは、2017年以降、主要データを取得するためにIBMで作成したプライベートブロックチェーンを使用してきた。

ノーザントラストは非常に特定の利用事例(具体的には事象データ)を本質的に取り上げているが、分散システムを介して運用データを収集する企業の幅広い方向性を表している。

文書は次のように説明している。

会議中に、第1のスマートコントラクトは、参加者のデバイスから受信した生体認証情報に基づいて、デジタル会議記録の参加者を認証し、記録することができる。

第2のスマートコントラクトは、会議でのデジタル会議記録や会議に関する日時・場所を含む各出席者の行動をキャプチャする。ミーティングの後には、3回目のスマートコントラクトにより、会議後の文書を自動収集することができる。

ノーザントラストは、水曜日のデジタル個人情報管理に関する第2の特許を獲得した。この第2の特許は、参照文書および生体認証情報の一方向暗号ハッシュを生成することに焦点を当てている。

この2つの特許は、デジタル会議記録が一連のデジタルID記録に結びついているため、並立して動作する。会議記録はまた、1つまたは複数の暗号化キーを使用して、ネットワークノードによってブロックチェーンに追加された、暗号化されたバージョンのレコードを生成する。

この機能は「生体認証情報、リポジトリ内のドキュメントストレージ、およびミーティング活動をリアルタイムで管理する1つ以上のスマートコントラクトとブロックチェーン内のデジタルID、認証および記録プロセス間の相互作用の統合」を目的としている。

「我々は、多くの潜在的な利用事例のほんの一例に過ぎないようなプライベートエクイティファンド運用を通じ、複数のビジネス活動と製品の提供に適用できるブロックチェーンの革新をいくつか開発しました」

と、北部の市場支持とイノベーション研究の世界的リーダーであるジャスティン・チャプマン(Justin Chapman)氏は、声明で述べた。

Northern Trust Wins Patent for Storing Meeting Minutes on a Blockchain