マジックナンバー? チャートデータから読む6月6日のビットコイン上昇のヒント

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

36時間以内の近い将来に、もし歴史的なパターンの繰り返しがあるとすれば、激しいビットコインの値戻しがある。

興味深いことに暗号通貨は、毎月第6日に方向の大きな変化を起こす傾向がある。少なくとも、それは今のところ2018年だ。

2017年12月中旬に20,000ドル近辺のピークを過ぎ、2月6日に暗号通貨相場が崩れ2018年の最安値である6,000ドルに低下した。それ以来、暗号通貨の動きは下記チャートの三角形パターンで示されるように狭い価格帯に制限されていた。

もっと面白いのは、毎月6日頃にその時期の目立った高値と最低値が形成されているということだ。チャート(Bitfinexの価格)は次のとおり。

  • ビットコインは2月6日に6,000ドル、4月6日に6,500ドルの高値となった。
  • 3月5日と5月5日には、下値-11,700ドルと9,990ドルがそれぞれ作成された。
  • 1月6日には、年間の最高値17,252ドルに達した。

明らかに、トレンドは毎月第6日、またはそれに近い弱い立場に有利に反発する。

執筆時点ではBitfinex(ビットフィネックス)のビットコインは7,433ドルで取引されている – 9,990ドルの弱気な逆転ポイントから34%下がった、5月6日の時点で、強気な雰囲気は現在鳴りを潜めている。

過去のパターンを見れば、暗号通貨は次の36時間ほどで上昇すると思われる。この場合、ビットコインは、現在9,225ドルに位置する三角形(せばまる価格の範囲)抵抗値を再び試すことがありうる。

一方、長期的な技術的研究は、以前のケースでは見られなかった弱気に偏っている。

例えば、暗号通貨は2015年以来初めて50週間の移動平均を下回ったことが認められた。さらに、最近5年間と10ヶ月の移動平均(MA)の弱気交差が最近4年間で初めて発生した。

だから、いつものように、ビットコインの価格変動について保証は何もない。しかし、ちょうどおそらく、暗号通貨は歴史的なパターンに沿って明日、強い買いを拾う可能性がある。

それでも、弱気の長期的なテクニカル状況を考えれば、強気の反転を呼び出すのは早すぎるだろう。トレーダーらは、強気が戻ることを前提とする前に、毎週最高7,779ドルを突き抜けるという確信がほしいと思うだろう。

Magic Number? Chart Data Hints at June 6 Bitcoin Boost