価格は1,999ドル:GMO、新しい7ナノメートルビットコインマイナーの詳細を発表

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

日本のIT業界大手のGMOインターネットは、世界初の7nm(ナノメートル)チップをベースにした新しいビットコイン・マイナーの価格と仕様を明らかにした。

記者会見で、同社は7日、新しいB2マイナーに電力を供給する7nm ASIC(特定用途向け集積回路)が、日本で設計され台湾で製造されたと発表した。

7nmチップの登場は、ビットコインマイナーにとってより多くのハッシング・パワーをもたらし、理論的には電力消費を削減すると同時に、マイナーが投資利益を得る上で重要な要素となるため、注目に値する。

イベントでつぶやいたブルームバーグ誌の記者によると、B2は24TH/sのハッシュレートを提供し、消費電力は1ユニットあたり1,950Wで、1 TH/sあたり81Wで停止する。

これと比較すると、現在の市場リーダーであるBitmain(ビットメイン)のAntminer S9(アントマイナーS9)は約1300Wの電力消費で14TH/sを提供している。

B2は、GMOの数字が正確であると判明すれば、市場をリードする力を発揮するかもしれないが、価格は正確には1,999ドルとなる。これはAntminer S9の837ドルと比較される。

GMOがBitmainの地位に取って代わるつもりがあるかのように、同社のCEO熊谷正敏氏はこう答えた。

Bitmainを尊重はしますが、私たちは彼らを超えていきます。

CoinDeskの報告によると、B2は5月24日に公開され、GMPは6月6日に予約注文を開始し、10月に出荷を予定しているという。

同社は当初、2017年9月に新しいマイニングプロセッサを研究開発していたことを明らかにして以来、1カ月間の試験期間を経て出荷されている。

$1,999: GMO Reveals Details of Its New 7nm Bitcoin Miner