仮想通貨(コイン)の Creditbit(クレジットビット/CRB)とは?買い方・価格・取引所・時価総額・チャート・将来性・高騰/暴落

Translate this article into English

シェアする

最新のCreditbitの価格・時価総額・出来高

通貨名Creditbit(クレジットビット)
通貨略号CRB
公開日2015年11月2日
システムX11
発行上限枚数1億枚
取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所Bittrex
公式サイト

Creditbit(クレジットビット)のローソク足リアルタイムチャート

Creditbit(クレジットビット)とは?基本情報


Creditbitは、2016年1月に取引が始まった仮想通貨で、略号表記はCRBとなります。

Credit2とも呼ばれるCredit2.0は、CreditBitの2番目の開発ロードマップの名前であり、CreditBit開発チームの親プロジェクトでもあります。

このプロジェクトの主な目的は、イーサリアムのブロックチェーン上に構築されたトークンに基づいて、仮想通貨エコシステムを開発し、普及させて行くことです

このプロジェクトは2017年1月1日に新しい開発チームを導入して開始されました。

プロジェクトはオープンソースと継続的な開発に基づいており、いくつかのプロジェクトで構成されています。

Creditbit(クレジットビット)の特徴・仕組み

Creditbitは、様々な開発プロジェクトの総体であり、その中でCredit2.0などの仮想通貨プロジェクトがお紺割れています。

このプロジェクトの目的は、独自の仮想通貨エコシステムを構築することです。

その特徴は下記になります。

  • プルーフオブトラスト(Proof of Trust)
  • 新しいトークンの発行と分配
  • アイデンティティ

プルーフオブトラスト(Proof of Trust)

トークンの各所有者が流通プロセスに参加するために、その所有者は、コミュニティに対し「トラスト」を表す活動をする必要があります。

それは、ロッキングという行為であり、一定量のトークンをパブリックアドレス場で固定して行くことです。参加者は、一定量のトークンをロックすることにより、通常とは異なる報酬を得ることができます。

ただし、トークンをロックすると、これらのトークンを使用してトランザクションを行うことはできず、引き続きパブリックアドレスに属します。

新しいトークンの発行と分配

Creditbitのトークンは、イーサリアムのブロックチェーン上に構築されているため、独立したマイニングネットワークや独自のコンセンサスアルゴリズムを持つ必要はありません。

Creditbitのトークンは、イーサリアムと同じアルゴリズムとネットワークを共有していることになります。

しかし、Creditbitでは、今後新しく作ったコインを自分で作って流通させるという問題に取り組んで行く予定です。

アイデンティティ

デフォルトでは、すべてのアドレスとトランザクションは匿名になっています。いくつかのプロセスに参加するために、アドレスのそれぞれの所有者は、自分の身元を公開し、自分のアドレスを個人データまたは公開情報と結び付けることができます。

この機能により履歴を追跡できるようになり、コミュニティに対して公平な評価とシステムを実装することができます。

Creditbit(クレジットビット)の相場・チャート・高騰/暴落情報

  • 取引開始日  :2016年1月17日
  • 取引開始時価格:0.008758$
  • 直近価格   :0.213388$
  • 最高値    :2.66$(2017年4月14日) 取引開始時価格の約303倍!!
  • 最安値    :0.003442(2016年12月1日) 取引開始時価格から約60%下落!!

Creditbitは、2016年1月に取引が始まりました。取引開始当初、上下に大きな変動はあるものの平均的な価格はそこまで上下することなく、低調に推移します。

しかし、2016年10月ごろから徐々に価格が下げ始め、底値をどんどん割っていき、2016年12月1日には取引開始時価格から約60%下落した最安値を記録します。

この最安値の記録を機に価格が大きな上昇し始めます。2017年1月と2月に大きな上昇を見せた後、2017年4月に価格が急騰し、4月4日に取引開始時価格の約303倍となる最高値を記録します。

その後、大きく価格を戻しますが、2017年6月と2018年1月に最高値に迫る上昇を見せています。現在は、仮想通貨業界全体の落ち込みにより価格を大きく戻しておりますが、今後の市況次第では最高値をさらに更新することも十分に考えられます。

Creditbit(クレジットビット)の買い方・売り方・購入方法・取引所

Creditbitの購入できる取引所はこちらです!

取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所 Bittrex
※Creditbitを購入するには、「bitFlyer(ビットフライヤー)」「Zaif(ザイフ)」に登録し、ビットコインを購入してから海外取引所に送金する必要があります。 国内取引所はアプリの使いやすさNo.1のbitFlyer(ビットフライヤー)がおすすめです!

ビットフライヤーの無料登録はこちら

Creditbit(クレジットビット)の将来性

Creditbitは、イーサリアムを利用して、独自の仮想通貨エコシステムを構築しようとする、非常に野心的なプロジェクトです。

非常に魅力的なプロジェクトである一方で、エコシステムの構築を企てるプロジェクトは数多く存在し、はるかに進んでいるものもあります。

非常に競争の激しい分野の中で、Creditbitがどういったセグメントに着目し、エコシステムを構築して行くかが、今後非常に重要になってくると思います。

Creditbit(クレジットビット)の最近のニュース・最新情報・今後の予定

今後のロードマップは公表されておりません。

Creditbit(クレジットビット/CRB)の評判・感想・雑談の掲示板

※禁止事項に反する書き込みは見つけ次第、削除致します。※悪質なユーザーの書き込みは制限します。

コメント数 0件

他のコメントの書き込みをみる