ベルギー政府、投資家対象の暗号通貨詐欺警告サイトを開設

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

ベルギー政府は、気づきにくい詐欺の兆候について暗号通貨投資家に警告することを目的としたウェブサイトを支援している。

「うますぎる話」と題された新設サイトは、ベルギーの連邦公共サービス経済および金融サービスおよび市場局によって運営の一部が行われている。

暗号資産は「その年一番のホットな話題」のため、犯罪者らがトークンを常に簡単に開発することができるために「詐欺、麻薬密売、テロやその他の犯罪行為」を含む違法な目的に使用される可能性があると、このサイトは警告を発している。

よって、このサイトはトークンセールへの参加を検討しているあらゆる投資家としてすべきことは、自分が投資しようとするプロジェクトの主催者を自ら調査・確認し、自身の個人情報を他人と共有しないようにし、そのプロジェクトに関する正確な情報を求め、そのプロジェクトが巨額のリターンを約束した場合に注意することだと忠告している。

このサイトによれば、暗号通貨詐欺師は「しばしば信頼できるようだ」と述べているが、依然としてにわか投資家を騙す可能性がある。

サイトはこう説明した。

暗号通貨詐欺に遭遇するケースは千差万別である。詐欺師は、さまざまな方法で消費者をワナにかける。

暗号コインへの投資のためのプラットフォームとスポーツ賭博に投資する際、暗号通貨とオンラインで支払いには十分な注意が必要だ。

さらに、このサイトにはホームページにウェブサイトチェッカーが含まれている。サイトは、ウェブサイトが不正であるかどうかを判断できると主張しているが、開発者は「システム内のエラーについて責任を負わない」と述べている。

チェッカーサービスは、組織がベルギーの金融市場で営業するためのライセンスを持っていなければならないと付け加えている。

ライセンスが不足しているにもかかわらず一部のサイトが表示されない場合があり、サイトのデータベースの一部にユーザーが報告したウェブサイトが表示される。

Belgian Government Launches Site to Warn Crypto Investors About Scams