中国がブロックチェーンシステムを構築、書類チェックが不要に

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

中国がブロックチェーンシステムを構築、書類チェックが不要に

中国の中央銀行が、国内業者によって発行された小切手をデジタル化できるようになるというブロックチェーンベースのシステムの構築を終えたと、政府高官が語った。

火曜日の地元ニュースメディアのコラムによれば、中国人民銀行のデジタル通貨研究所副所長Di Gangは、研究所が「スマートコントラクト技術を用いたブロックチェーンにより、デジタル式小切手を発行できるインフラシステムを完成させた」と述べている。

Diによると、それは2016年、研究所が中国市場の小切手にまつわる詐欺の撲滅するためにブロックチェーン技術の研究を始めてから、1年間の研究開発を経て生まれた成果だという。

Diの説明では、中国での小切手制度は為替のように機能しており、銀行からの支払いに使われている他に、受取人は他者とそれを交換することもできる。

既存のシステムの明らかな問題は、小切手を振り出す際に従来の銀行のような仲介業者が多数存在するせいで、詐欺のリスクが増すことだと彼は言っている。結果として、偽の小切手が商業銀行間に流通し、国内金融の信頼性を揺るがす可能性があるのだ。

実用的ビザンチン・フォールトトレラント(分散コンピューティングにおいて一定の条件下で故障・障害が起きても、全体として正しく動作する性質、略称PBFT)を導入することで意見が一致し、研究所のブロックチェーン・プラットフォームはスマートコントラクトによって取引を管理し、ほぼすべての小切手をトークン化できるようになった。

システムの主な利点は、デジタル小切手が現金化されようとされまいと、あるいは他の法人資産を補う株式として使用されたりしても、管理者がその全利用過程をはっきりと確認できるようになることだという。

Diは説明する:

スマートコントラクトのルールが一度ブロックチェーンに適用されれば、いかなる参加者もシステムを容易に改竄することはできません。

コードのアップデート時でさえ、管理者達はすべての記録にアクセスできます。取引過程を人がクロスチェックする必要がなくなるので、管理効率は上がり、コストを減らせるのです。

China Has Built a Blockchain System That Could Replace Paper Checks – CoinDesk