ストリーミングアプリTwitchのStreamlabs、配信者へのチップに仮想通貨を追加へ

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

金曜日の発表によると、人気のあるツイッチストリーミングアプリのストリームラボ(Streamlabs)は、ユーザーが仮想通貨を使用して配信者に寄付ができるようになるとのことだ。

配信者がファンからの寄付を受け入れることを可能にするこのサービスは、既に機能として使えるようになっており、配信者が仮想通貨のチップをすぐに受け入れることができる。

Streamlabsは決済プロセッサとしてCoinbaseを使用するため、配信者はサービスをCoinbaseアカウントに接続する必要がある。

ストリーマーがアカウントをリンクした後、視聴者は自動的に仮想通貨を使用してチップをあげることができる。

このサービスは当初、コインベースプラットフォームで現在利用可能な4つの暗号通貨であるビットコインイーサリアムライトコインビットコイン・キャッシュをサポートする。

しかしStreamlabsは「今後、他の仮想通貨を追加することを検討している」と述べた。

ストリーマーはサービスを利用するために手数料を支払う必要はないが、コインベースで注文する場合、取引費用が発生する。

ゲームメディアサイトNewzooからのデータによると、Twitchユーザーは2018年の最初の4ヶ月間に20億時間以上を配信した。Twitchストリームの約15%は、最近リリースされたプロ用ストリーミングアプリのStreamlabs OBSを使用して作成された。

Streamlabsは、YouTube、ミキサー、Facebook LIve、Periscope、Picartoなど、あまり人気のないストリーミングプラットフォームもサポートしている。同社は、第1四半期中にチップで3,400万ドル以上を支払ったとしている。

Amazonが所有しているTwitchは、長い間、仮想通貨と親和性があり、プラットフォームは2014年以降、定期購買のためのビットコイン支払いを受け入れている。

CCNが報じたように、TwitchはFan Controlled Football League(FCFL)との2年契約も締結した。これは、インディゴゴの初期の新規仮想通貨公開クラウドファンディングプラットフォームに記載された最初の新規仮想通貨公開(ICO)で、FCFLゲームを生中継する。

また、Twitchストリーマーは、仮想通貨技術を取り入れたWebブラウザー「Brave」に登録することで、暗号通貨の寄付を受け入れることもできる。

Twitch Streaming App Streamlabs Adds Support for Cryptocurrency Tipping