バーモント州規制当局が停止命令でICOに打撃

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

進行中の新規仮想通貨公開(ICO)を主催する会社には、米国バーモント州からの停止通知が送付されている。

バーモント州金融規制局は、月曜日、ウェブサイトによるとカリフォルニア州アーヴィングに本拠を置くレベルネット(LevelNet)に停止命令を送っていると語った。

当局は、「バーモント州統一証券法に関連する違反」で会社を訴え、サイバーセキュリティ関連のプラットフォームに関連したトークンの販売を停止するよう命じた。

LevelNetのウェブサイトによれば、販売中にこれまでに約752,000ドルが調達されている。電子メールによるコメント要請には、会見時には返信されなかった。

これは、暗号取締(Cryptosweep)として知られている暗号通貨を含む投資スキームに関する広範な取り締まりの一環として行われた。

CoinDeskによって以前に報告されたように、米国とカナダの証券監督機関の一員が、トークンの販売や暗号通貨の詐欺を撲滅する組織として行動を取った。

北米の証券管理者協会(NASAA)によると、最近数カ月間に「約70件」の調査が開始された。

バーモント州金融規制局のマイケル・ピエクシアク(Michael Pieciak)局長は声明のなかで、「ビットコインが急速に存在感を増したことで、表舞台の投資家は暗号通貨とICOに関心を持ち、このように続けた。

多くは法律に完全に準拠した正当なサービスですが、多くはそうではない。

この停止命令は格好の注意喚起となり、こうしたサービスへの投資を検討する際に思い出してもらえることになるだろう

Vermont Regulators Hit ICO With Cease-and-Desist Notice