ZenCashが51%攻撃を受ける

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

プライバシーに力点を置いた仮想通貨ZenCash(ZEN)は、51%攻撃に屈したもっとも最近のアルトコインになったと、同プロジェクトの開発者が週末、確認しました。

公式の声明によると、悪質なマイナーは6月2日の午後10時43分頃、仮想通貨ネットワークに対する攻撃(少なくとも3つの二重支払い)を実行しました。

51%攻撃を展開するには、攻撃者は仮想通貨ネットワークの総ハッシュレートの大部分を取得しなければなりません。これにより、ブロックチェーンを再編成することが可能となり、偽のブロックを受け入れることができます。

通常、攻撃者は二重支払アタックを通して、51%の攻撃で収益を得ます。これは、仮想通貨取引所でコインを入金し、同じコインを自分のコントロールの内にあるウォレットに送るトランザクションに生成することによって達成されます。

取引所がそれらの資金を口座に受け入れると、攻撃者はビットコインまたは仮想通貨でそれら仮想通貨をロンダリングし、その資金を外部のウォレットや口座に引き出します。

その間、攻撃者は大多数のハッシュパワーを使用して、メインブロックチェーンのフォークを作成し、ネットワークによって受け入れられるチェーンよりも急いでより長いチェーンを作り出します。

これにより、攻撃者は取引所で最初にコインを入金したトランザクションを元に戻し、代わりにその資金を別のウォレットに移動させることができます。

資金をロンダリングした後、攻撃者は公式ブロックチェーンを再編成し、より長いフォークを受け入れるように強制しますが、そのフォークはより多くのProof-of-Work(PoW)を必要とします。これにより、資金は取引所のウォレットから消え、代わりに攻撃者のウォレットに表示されます。

この特定のケースでは、攻撃者は少なくとも38個のブロックでブロックチェーンを再構成したものを含め、少なくとも3回の二重支出を実行しました。全体として、攻撃者はこの攻撃から約700,000ドル相当にあたる23,152ZEN以上を取得しました。

CCNが報道しているように、Bitcoin GoldMonacoin、およびVerge(少なくとも2回)を含む、アルトコインの多くは、ここ最近の数週間で51パーセント攻撃やその他の同様のネットワーク攻撃を受けています。

多くのアルトコインネットワークに対して51%の攻撃を開始するためのコストは、特にハッシュパワーが、いわゆる “クラウドマイニング”企業から簡単にレンタルできるため、驚くほど低いです。

類似した名前が付いていますが、ZenCash(時価総額が1億600万ドル相当)はZcashとはことなります。Zcashは、約9億5,000万ドル相当の時価総額で25番目に大きい仮想通貨です。

しかし、ZenCashはZcashのフォークコインであり、同じコインではありませんが、2つのプロジェクトは同じ仮想通貨から生じたファミリーコインではあります。

ZenCash Latest Altcoin to Suffer 51 Percent Attack