私はビットコインに世界で唯一の通貨になって欲しい:アップル共同設立者スティーブ・ウォズニアック

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする


アップルの共同設立者のスティーブ・ウォズニアック(Steve Wozniak)氏は、ビットコインが国の通貨に取って代わり、実質的なグローバル通貨になることについて革新派持っていないが、いずれこれが実現することを期待していると語りました。

ウォズニアック氏は、ヨーロッパで開かれたMoney 20/20の傍らで、CNBCに対し、国境によって隔てられているにもかかわらず、世界中の人々がいつか一つの通貨を共有するというアイデアの「純粋さ」に魅了されていると語りました。

彼はまた言いました:

「私はジャック・ドーシー氏が発言したことに賛成しているが、それが必ず起こると信じているわけではなく、ただし、そうなって欲しいと考えている、とても純粋な考えなんだ」

CCNが報道したように、ソーシャルメディアの大手Twitterとデジタル決済プロセッサSquareのCEOであるドーシー(Dorsey)氏は、最近、ビットコインがこの10年以内に世界で唯一の通貨になるだろうと信じていると発言していました。

ウォズは、長い間、ビットコインのファンですが、価格の動きを見ることにあまりに多くの時間を費やしてしまっていると気づいた後、自身の所有分のほとんどを売却することを決めてからも、ビットコインのファンであるという事実は変わっていません。

前のポストでウォズニアック氏した発言に遡ると、ウォズニアック氏は、ビットコインは「純粋なデジタルゴールド」であり、多くの仮想通貨とは異なり、企業によって運営されておらずビジネスモデルもないため、「完全に分散化」されていると述べていました。

Bitcoinは数学的に定義されており、ある程度のビットコインがあり、流通する方法もある。純粋であり、経営する人がおらず、経営する会社もなく、しかしどんどん成長している…そして生き残っている。

私にとってそれは自然なものであり、自然なものは人間の生み出したあらゆる因習などよりも重要なんだ。

注目すべきは、特にウォズニアック氏はイーサリアムに対しても強気であり、特にイーサリアムは自信を価値の保存よりもむしろ、プラットフォームとして認識しているからです。

先月、彼は、このプロジェクトが、テック分野におけるそのステータスという観点で、次のアップルになる可能性があると信じていると述べました。

I Want Bitcoin to Be the World’s Single Currency: Apple Co-Founder Steve Wozniak