インドネシアの規制当局、暗号通貨先物取引にゴーサイン

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

インドネシアの貿易省下の商品市場規制機関であるインドネシアの先物取引所監督院(Bappebti)は、暗号通貨が先物取引所で取引できる商品であると判断したと伝えられている。

月曜日のジャカルタ・ポスト(Jarkata Post)紙の報告によると、当局の市場監督責任者、ダーマ・ヨガ(Dharma Yoga)氏は、この決定を了承した。彼は、この問題を検討した4ヶ月の調査期間の後にこの決定が下されたと述べた。

ヨガ氏によれば当局は、インドネシアでのビットコイン先物商品の発売への道を開く正式決定命令につい今しがたサインした。

一方、国の中央銀行と税務当局は、暗号通貨取引や関連する課税に関する他の規制も明らかにすると、ヨガ氏は述べている。

インドネシア銀行の中央銀行は、昨年末に、同国におけるビットコイン支払いを禁止し、その後、法的支払い方法としての暗号通貨を認めないとした。しかし、当時の暗号通貨取引については言及されていなかった。

ヨガ氏はさらに、包括的な規制の枠組みを整えるために、規制当局からの提案を提出し、国内の暗号通貨取引の承認を依頼していることを示した。

ビットコインのチャート、特徴、将来性などの情報について掲載しているページです。ビットコインは仮想通貨・暗号通貨の主役的な存在であり一番流動性が高い仮想通貨です。店舗での決済に、海外送金など幅広い利用用途があるために投資対象としても優れています。

Indonesian Regulator Gives Green Light for Crypto Futures Trading