アブダビ・ポート社、輸入と輸出のブロックチェーン貿易ソリューションを開始

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

海事業界の開発者であるアブダビ・ポート(Abu Dhabi Ports)の100%子会社であるマクタ・ゲートウェイ(Maqta Gateway)は、国際物流および貿易のための独自のブロックチェーンソリューションを開発し、展開している。

エミレーツ通信社の報道によると、アラビア語で「シルサル(チェーン)」と名付けられたこのブロックチェーンソリューションは、アブダビで最初のプラットフォームであり、貨物とペーパーレスドキュメントのリアルタイム追跡を可能にし、時間を節約し分散型台帳上の国際貿易の全体的な効率を高める。

ブロックチェーンソリューションは、人手のかかる書類作成、コミュニケーション、物理的な顔合わせの必要性を軽減し、分散型元帳よりも迅速かつリアルタイムの情報交換を必要とすることで、エレクトロニクス化と変化を嫌う産業界の輸出業者と輸入業者のギャップを埋めるために開発された。

ブロックチェーン技術が潜在的に総輸送費用の20%を節約し、国際貿易で最大1兆ドルのコストを削減する可能性があるとの見積もりにより、世界経済フォーラム(WEF)の混乱に乗じて、世界的な海運業界にとっては機が熟している。

「ブロックチェーンは貿易のデジタル化の重要なステップだ」と、マクタ・ゲートウェイのCEO、ノウラ・アル・ダヘリ(Noura Al Dhaheri)博士は述べ、ついいのように次のように続けた。

シルサルを通じて、我々はリアルタイム追尾と追跡、文書ワークの削減、ライブアップデートを受け取るための重要な情報を簡単に抽出することによるコストと時間の節約という付加価値でもって、ブロックチェーン技術への安全で統合されたアクセスを貿易コミュニティに提供する。

このプラットフォームは、船荷証券、船社予約、配送、輸送オーダーなどの重要な輸送文書を暗号化して安全に保護することも可能だ。

マクタ・ゲートウェイのデジタルイノベーションラボによって開発されたブロックチェーンは、導入前にアブダビ港の戦略的顧客と現場でテストされ、運送業者とその顧客に商業的に先行展開する予定だ。

その後、現在のマクタのポート・コミュティ・システム(Port Community System)と並行して、この技術は他の貿易コミュニティに「補完的なツール」として提供され、導入が急速に進んでいる。

展開は、ロッテルダム、オーストラリアのブリスベン港、韓国の海運業、世界最大の海運会社マースク(Maersk)社のヨーロッパ最大の港湾によって開発されたシステムを含む、国際貿易業界における同様のブロックチェーンアプリケーションの拡大リストに加わった。

Abu Dhabi Ports Launches Blockchain Trade Solution for Imports and Exports