インタビュー:サッカーの伝説のルイス・フィーゴは暗号通貨をまだ持っていない

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

伝説のポルトガル人サッカー選手、ルイス・フィーゴは、CCNが今年初めにカバーしたように、ストライキング・エンターテイメント(Stryking Entertainment)のブランド大使に就任し、新規仮想通貨公開(ICO)を促進する目新しい有名人の1人になった。

ヨーロッパの年間最優秀選手に贈られるバロンドール賞(Ballon d’Or)とサッカーの世界年間最優秀選手に贈られる2001年のFIFA最優秀選手賞(FIFA World of the Year)を受賞したルイス・フィーゴ(LuísFigo)氏は、ファンタジースポーツのトークンを狙うストライキング・エンターテイメントのプラットフォーム、フットボール・スターズ(Football-Stars)がたちまち好きになったと述べた。

同社はフィーゴ氏の助けを借りて、STRYKZトークンをICOに配布する予定だ。 CCNは座ってストライキング・エンターテイメントとフィーゴ氏の間でチャットをした。チャットには数分しかかからなかったが、興味深い意見が聞けた。

私たちのインタビューの中で、フィーゴ氏は常にビジネス界に親近感を持っていて、プロサッカー選手として引退した後、自分のビジネスを運営している続ことを明らかにした。

暗号通貨を最初に知った時はいつかと尋ねられた時、自分は専門家ではないと認めたものの、暗号通貨業界とその関連企業は「これまでに見たことがない新しいもの」と認めた。

ストライキングと彼の役割は、暗号通貨のことを気にするのではなく、コミュニティを創造することだ。補足として我々は、彼自身が暗号通貨を所有しているかどうかを尋ねなければならなかった。

フィーゴは答えた:

いや、まだ持っていない。私はまだそうした分野に対しては保守的だが、今は大いに注目しているところだ。もちろん、もっと情報を収集する必要がある。

ストライキングのブランド大使になることで、フィーゴ氏はICOを支持する著名人のリストに加わった。その中には、第8世界ボクシングチャンピオンのマニー・パッキャオ氏、有名なフットボール選手ルイス・スアレス氏、そして英国のサッカースター、マイケル・オーウェン氏がいる。

米国証券取引委員会(SEC)は、フロイド・メイウェザー氏がソーシャルメディアでトークン販売を推進しているセントラ・テック(Centra Tech)の創設者を不正行為で訴追した。

これらの裏書については、これら有名人のICOの裏書きが場合によっては違法であるかもしれないという旨を規制当局が公表した。

ストライキングの共同設立者でマーケティング最高責任者(CMO)であるクリスチャン・シマンスキー(Christian Szymansky)氏は質問を引き継いで、フィーゴ氏と彼の組織では事情が異なり、スターが製品に直接割当てられ、 ICOの推進だけでなく、コミュニティの拡大に注意を集中している。

シマンスキー氏が指摘しているように、ストライキング自体はすでに既存のファンタジーフットボールプラットフォームを持ち、ドイツの2つの大組織と提携している。それはオープンなプラットフォームとして設定されているので、会社によって一元管理されていない。

ユーザーは、自分のコンテンツを公開して、サッカー産業における前例のない方法で情報を共有し、必要と思われる機能を開発することができる。

ストライキングのトークンは、特別なコンテンツや特定の機能のロックを解除するために使用するように設定されている。

フィーゴ氏が業界に与える影響については、スポーツを愛する人たちのための「ファンタジー・ゲーム」であるが、「本当のクラブコーチや代表」にはなれないため、あまり積極的ではないようだ。

しかし、それはファンとスポーツとの距離をもっと近づけるだろう、と彼は言った。

フィーゴ氏は、暗号通貨とブロックチェーン技術が未来の一部となるかどうかは不明だが、ストライキングのトークンはユーザーが裕福になるのを助けるために作られたものではなく、本当のエンターテイメントを提供するためのものだと付け加えた。

サッカーのスターはストライキングについて詳しく語った。

我々の目標は、大きなコミュニティを作ること。なので、プラットフォームはより面白くなる。

我々はファンを集めて、彼らの新しいアイデアを持って開発に貢献してもらい、プラットフォームをもっと興味深いものにしたいと考えている。それが面白いものになれば、人々はもっと楽しんで幸せになれる。

残念ながら、ここでフィーゴ氏とのインタビュー時間は終わりとなった。ストライキングについては、STRYKZトークンの販売がジブラルタル・ブロックチェーン・エクスチェンジ(GBX)と協力して行われる予定になっている。

Interview: Football Legend Luis Figo Doesn’t Own Cryptocurrencies, Yet