コラム:仮想通貨投資の初心者の方へ

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

コラム:仮想通貨投資の初心者の方へ

仮想通貨投資の初心者向けガイドが、仮想通貨トレーダー用の教育的プラットフォーム、ビットコイン・ライブの創設者ボブ・ルーカスによって執筆された。

仮想通貨取引と仮想通貨市場への関心は主要メディアによってさらに広がりつつあり、その数は毎日増え続けている。ここ数か月間で、仮想通貨市場は110億ドルから最大7,950億ドルにまで急拡大した。

現在約1,400種の仮想通貨が利用でき、毎日それ以上のICOが提案されているが、市場は当初特にトレーダーが期待していたよりも、参入が困難であることを示してきた。

我々のプラットフォームと専門家の目的は、仮想通貨取引の不透明さを払拭し、あらゆる段階の人々でも安心できるようなアドバイスを提供することである。

そもそも仮想通貨とはデジタル形式の通貨で、信頼性と匿名性に非常に優れており、すべてのコインは複製不可能となっている。

コインが一度使用されると取引ごとにネットワーク上に公式記録が残され、この一連の活動はスマートコントラクトと呼ばれている。

この仕組みによって、同一人物や組織は同じ仮想通貨を使用することはできない。しかしながら、すべての仮想通貨が匿名でないことにも触れておこう。

匿名性を備える「プライバシー」コインも多く存在するが、ビットコイン等の仮想通貨はそうではなく、それゆえに取引はオンライン上のIDで追跡できるのだ。

仮想通貨購入はますます簡単になってきている。オンライン上には多くの取引所があり、仮想通貨を安全に保管して記録するプログラムであるウォレットを利用して、購入することになる。

仮想通貨が使用可能な小売業者は日々増え続けており、現在はオンラインでもオフラインでも利用できる。アップルのような業者はAppストアの支払い手段として、少なくとも10種類の仮想通貨を受け入れている。

トレーダーを始めたばかりであれば、ほとんどの時間を仮想通貨取引所で費やすことになるだろう。仮想通貨の所有者が手持ちの仮想通貨を他の仮想通貨や、英ポンドや米ドルに交換するのは、まさにその場所なのだから。

しかし肝心なのは、自分が使いやすく、仮想通貨の値動きを見張り、仮想通貨を売買するのに必要な視野を広げてくれるような取引所を見つけることだ。

お気に入りの仮想通貨を見つけることは、完全に個々のトレーダーに関わる問題だ。消費者が仮想通貨市場へ足を踏み入れる第一歩としてよくあるのが、ビットコインイーサリアムのように確実に聞いたことのある仮想通貨に手を出すことだ。

だが、重要なのは調査をして、どのようなICO(新規仮想通貨公開)が進行中で、どのプロジェクトが実現可能なのかを知ることである。

もし実現が難しいようならお金を払うには値せず、何も得るものはないだろう。ここで仮想通貨詐欺に注意する必要がある。

仮想通貨を含む商品を取引する際は、詐欺に気を付けることだ。プロジェクトやコインが詐欺であることを示す明確な指標はないものの、注意すべき目印がいくつかある。

評判の良いICOは、そのキャンペーンについて知るべきことがみな、細部に渡ってホワイトペーパーに記載されている。これがすぐに入手できないようであれば、それがなぜなのかを自問自答してみよう。

これを踏まえて、もう一度調査することががすばらしいツールであることを確認してほしい。プロジェクトの背後にどんなチームがあるのか、彼らの経験と達成しようとしているものは何なのかを確認する。

詐欺と仮想通貨の窃盗は増えており、広く報告されている。仮想通貨取引は自己規制を強化しつつあり、市場の成長を確実なものとして、利用者に安心と信頼を与えているのだ。

仮想通貨取引にはもちろん利益もある。普段使用しているアメリカドル、イギリスポンド、円といった法定通貨と異なり、仮想通貨は銀行、政府組織、あるいは金融当局の制限はあまり受けない。

代わりに、仮想通貨はインターネットの力によってその価値を保証し、取引の裏付けを行なう。インフレリスクが少ないことから、通貨が崩壊する危険性もほとんどないのだ。

すべての仮想通貨や暗号資産への投資の鍵は、自身の調査にかかっている。通貨の背後にある企業と、それが合法的に通貨を作り出しているかどうか、そして一夜にして億万長者になるといった手法でないことを確認してほしい。

免責事項:本記事における主張は著者のものであり、そのいかなるものもコインデスクに帰属するものではありません。

Op-ed: Investing in Cryptocurrency — A Beginner’s Guide