ニューヨーク州が仮想通貨のタスクフォースを創設予定

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

ニューヨーク州が仮想通貨のタスクフォースを創設予定

ニューヨーク州は仮想通貨がさらに広い範囲で利用できるよう、仮想通貨の公式ルールの設立に向けて前進している。

さらにビットコインが浸透していることを示す別のシグナルとして、ニューヨーク州議会は仮想通貨のタスクフォースを創設し、流行の仮想通貨とブロックチェーン産業について調査することにした。

それが認可されれば、9人から成るタスクフォースが5月30日の会合の要約に則り、2019年12月までに調査結果を詳細に報告する予定となっている。

仮想通貨が浸透していることを示す微かなシグナル

タスクフォース創設が提案されたのは、懐疑論者による差し迫ったバブル崩壊という主張を踏まえつつも、仮想通貨が金融市場を発展させる重要な要素であると国会議員が期待しているからである。

タスクフォースが判断することになったのは次の通り:

  1. 何種類の仮想通貨が現在取引され、市場シェアはそれぞれ何パーセントか?
  2. 何種類の仮想通貨取引所がニューヨーク州で展開しており、毎月の取引量はどれくらいか?
  3. 州と地元の徴税者にとって、仮想通貨を利用することでどのような影響があるのか?
  4. 仮想通貨業界での大口投資家は誰なのか?
  5. マイニングにはどのくらいの電力が必要なのか?
  6. 仮想通貨市場の透明性と価格操作の潜在的な可能性は?
  7. 他の州、連邦政府、そして海外では、どのような仮想通貨関連の法律があるのか?
  8. 仮想通貨市場の透明性を高め、消費者保護を強化することは可能なのか?
  9. ニューヨークは仮想通貨業界が長期に渡って及ぼす影響力に、どのように対処できるのか?

CCNが伝えているように、億万長者のウォーレン・バフェットやノーベル賞受賞の経済学者ロバート・シラーは、仮想通貨が長続きしないガラクタだと述べている。

「ビットコインマニアは人類の愚かな振る舞いの一例だ」とシラーは言った。

一方、世界中の監督官庁はかなりの時間と労力を費やし、この成長産業に対処するガイドラインを作成中だ。なぜ長続きしないはずの市場をわざわざ規制するのか、懐疑論者達は自問自答したがっているかもしれない。

タスクフォースは州の調査後に

仮想通貨産業が加速度的に成長している中で、ニューヨークはその理解と監視を進んで行なっている、アメリカ合衆国の一握りの州の一つだ。

2018年4月、ニューヨーク州検事当局はコインベース、ジェミニ、そしてバイナンスを含む13か所の主要取引所に質問状を送付し、仮想通貨取引所の調査を開始した。

検事当局は調査を開始した理由として、ビットコインへの人々の関心が高まっていることと、業界を混乱させるようなハッキング行為が目立つようになってきたことを挙げている。

キャメロンとタイラーのウィンクルボス兄弟はこの動きを歓迎し、透明性を高め、明確な規制を定めることは市場にプラスに働くと述べている。

「金融につながるような厳しい規制がなければ、これらの技術が流行し、成長することはできません」ジェミニ取引所CEOのタイラー・ウィンクルボスは語る。

「司法が正しいバランスを保っていてくれる限り、我々は巨大な恩恵を受け、仮想通貨の勝利を得られるでしょう」

New York State May Launch a Cryptocurrency Task Force