仮想通貨(コイン)の Lampix(ランピックス/PIX)とは?買い方・価格・取引所・時価総額・チャート・将来性・高騰/暴落

Translate this article into English

シェアする

最新のLampixの価格・時価総額・出来高

通貨名Lampix(ランピックス)
通貨略号PIX
公開日2017年9月19日
システム-
発行上限枚数3億2700万枚
取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所Hitbtc,Ether delta,Coin exchange,Coss
公式サイト

Lampix(ランピックス)のローソク足リアルタイムチャート

Lampix(ランピックス)とは?基本情報


Lampixは、2017年9月に取引が始まった、まだかなり歴史の浅い仮想通貨になります。略号表記はPIXとなります。

Lampixは、最近話題のAR(拡張現実)とブロックチェーンを結びつけた仮想通貨プロジェクトになります。

高品質のコンピュータ画像は、拡張現実に代表される、非常に大規模なアプリケーションの実現を可能にしますが、このコンピュータ画像は、データセットの可用性に大きく依存しています。

現在利用可能なデータセットのデータベースがいくつかありますが、これらの既存のデータベースは特定の目的のために作成されているため、しばしば、独自規格で、かつ高価、時には入手不可能であることさえあります。

この問題に対するLampixの解決策は、特定の目的下で1つの事業体に依存した中央集権的仕組みから独立し、かつ説明が付された画像で構成されたコンピュータ画像をデータセットとした、大規模なデータベースを構築することです。

そして、このデータセットの価値を反映するデジタル通貨トークンが、Lampixになります。

ARのための大規模なコンピュータ画像のデータセットをもつデータベースの構築し、さらにブロックチェーンに根ざしたトークンを作成し、ARを起点したエコシステムの確立が、Lampixプロジェクトになります。

Lampix(ランピックス)の特徴・仕組み

LampixにARに着目した仮想通貨プロジェクトです。

その特徴は以下になります。

  • Lampixプラットフォーム
  • PIXトークン
  • エコシステム

Lampixプラットフォーム

Lampixのエコシステムとプラットフォームを最大限に活用するには、可能な限りすべてのLampixの使用法を紹介するリファレンス実装が必要です。

数年前からLampixプロジェクトは取り組まれており、Lampixをこのリファレンスデバイスとプラットフォームとして使用し、利用方法を紹介しています。

また、Lampixには、プロジェクタ、カメラ、クラウド接続されたコンピュータが含まれており、Lampixではデバイスの仮特許を申請しています。

PIXトークン

PIXトークンは、コンピュータビジョンデータセットの価値を表すものです。この価値は、Lampixなどの多くの最終製品に反映されますが、他のARデバイスやシステムにも反映できるようになっています。

Lampixでは、ブロックチェーン上に少なくとも10億枚の画像を集めた群集の「画像、説明、セグメンテーション」のデータベースを構築しています。今後は、10億の画像と記述データベースを構築する予定です。

エコシステム

PIXトークンとLampixデバイスによって作成されたエコシステムは、Ethereumブロックチェーン上のデータセットの需要と供給によって価格が決定される新しいマーケットを切り開いていくと考えられます。

データセットの需要が高まると、PIXの価値は他の公開市場メカニズムと同様に上がるでしょう。このエコシステムは、中央集権的な権威や支配権などもなく、機能します。

このエコシステムは、Lampix以外のさまざまなARアプリケーションおよび製品の開発のための拡張現実市場のデータセットの中心市場になる可能性があります。

Lampix(ランピックス)の相場・チャート・高騰/暴落情報

  • 取引開始日  :2017年9月26日
  • 取引開始時価格:0.080390$
  • 直近価格   :0.020182$
  • 最高値    :0.316776$(2018年1月8日) 取引開始時価格の約4倍!!
  • 最安値    :0.018798$(2018年4月6日) 取引開始時価格から約80%下落!!

Lampixは、2017年9月に取引が始まりました。取引開始当初は、価格が上がっていき、1週間程度で約25%価格上昇しました。その後、低調な価格推移のもと、ボラティリティも低く緩やかに進んでいきます。

この流れの中、2017年12月には仮想通貨業界全体の盛り上がりに合わせ同じように価格を上げていきます。その流れのまま、年明けの2018年1月8日には取引開始時価格の約4倍となる最高値を記録します。

しかし、これを境に価格が急激に下がり始めていき、現在でもこの流れは止まらず、直近でも最安値を記録しており、止まる気配を見せません。引き続き価格が下がっていくことが強く予想され、今後の取引には注意が必要だと思われます。

Lampix(ランピックス)の買い方・売り方・購入方法・取引所

Lampixの購入できる取引所はこちらです!

取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所 Hitbtc,Ether delta,Coin exchange,Coss
※Lampixを購入するには、「bitFlyer(ビットフライヤー)」「Zaif(ザイフ)」に登録し、ビットコインを購入してから海外取引所に送金する必要があります。 国内取引所はアプリの使いやすさNo.1のbitFlyer(ビットフライヤー)がおすすめです!

ビットフライヤーの無料登録はこちら

海外で使いやすいオススメの取引所「Coinexchange.io(コインエクスチェンジ)」

おすすめのポイント

  • 取引できる仮想通貨の量が多い!
  • 海外取引所の「Binance(バイナンス)」では買えない通貨が購入できる
  • これから日本に入ってきそうな良い通貨を早く発見できる!

新しい通貨、上昇している、これからの新しい通貨を見つける・購入するのにオススメの取引所は、「Coinexchange.io」です。

Coinexchangeの登録は最短30秒!「メールアドレス」と「パスワード」・「ユーザーネーム」だけで 無料で登録できます

無料登録はこちら

世界最大級の暗号通貨取引数!

コインエクスチェンジ

通貨のソートができて騰落率や1日の高値、安値が見やすい

新しい通貨を見つけるときに、24時間での銘柄の騰落率を並び変えることができます。下がっている通貨を安く買うこともできますし、自分が購入した通貨が上昇しているときに売るというのを一目で判断することができます。また、チャートが非常に見やすくカスタマイズも簡単にできるので、自分の見たい・トレードしやすい形にすることができます。

日本で取引されていない、海外取引所にもない通貨の取引が可能!

日本のビットフライヤー、コインチェック、ザイフなどではおおよそ全部合わせても15種類程度の通貨の売買しかできません。しかしCoinexchangeはおよそ80種類程度の通貨の取引が可能です。新しい通貨、これから注目されるであろう通貨を早く見つけることで、資産上昇のチャンスに繋がります。

無料登録はこちら

Lampix(ランピックス)の将来性

ARとブロックチェーンテクノロジーを融合させようとするLampixプロジェクトは非常に興味深いプロジェクトだと思います。

また、そこに含まれるデータ量が増えていくことでビッグデータを基盤とするAIへの応用も考えられ、今後が非常に楽しみです。

Lampix(ランピックス)の最近のニュース・最新情報・今後の予定

今後のロードマップは公表されておりません。

Lampix(ランピックス/PIX)の評判・感想・雑談の掲示板

※禁止事項に反する書き込みは見つけ次第、削除致します。※悪質なユーザーの書き込みは制限します。

コメント数 0件

他のコメントの書き込みをみる