Hodl Hodl、ビットコインスマートコントラクトでリアルビジネスを構築

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

ビットコインはオリジナルの暗号通貨であるかもしれないが、それでも新しい方法を学ぶことは可能だ。

ビットコインがイーサリアムのようなネットワークに後れを取っている業界では、少なくともより複雑でエキゾチックな取引を可能にする場合、ピアツーピア交換プラットフォームであるHodl Hodl(ホードル・ホードル)を支援する両社は人々がビットコインの可能性を過小評価していると考えている。

Hodl Hodlは、独自のブロックチェーンを作成する新興企業の多くとは異なり、ビットコインが資産の保管先としてしか役に立たないという説に反して、ビットコインブロックチェーン上でこれらの複雑なトランザクションを行っている。

この取引プラットフォームは3月にデビューし、数週間以内に30カ国以上で5,300人以上の登録ユーザーを獲得した。マルチサインスマートコントラクトとして知られるものを使用してビットコインまたはライトコインブロックチェーンのいずれかを介して直接取引する。

Hodl Hodlはビットコイン預金や伝統的な決済代金には決して手を出さない。むしろ、人々が接続するためのリスティングと、スマートコントラクトをビットコインに直接適用するためのインターフェイスを提供するだけだ。

これらの契約は、1つの鍵が取引所に属し、もう1つが売り手に属するマルチシング・ウォレットに依存する。売り手の鍵は、ブラウザのフロントエンドで生成され、会社のサーバーまたはデータベースに保存されることはない。

そのセットアップのために、Hodl Hodl CTO ローマン・スニコ(Roman Snitko)氏はこう述べた。

この取引所がハッキングされたとしても、ハッカーは1つの鍵にしかアクセスできないが、他方はユーザに属しているので、資金の移動は不可能だ

これはHousehodl(ハウスホドル)と呼ばれる同チームの別の不動産プラットフォームのための道を開いた。Househodlは7月に一般的にエスクローで資金を保有する銀行や弁護士の代わりに同様のマルチ契約契約の立ち上げを準備している。

スニコ氏はCoinDeskに語る。

あなたのお金の出処がやましいものでないとしても、銀行に対処するよりも優れていて、小銭に至るまで不当に精査されている

これは、スニコ氏とCEO マーク・ケイダン(Max Keidun)氏が、プラットフォームを並行して構築するのではなく、ビットコインブロックチェーンで直接作業することを選択した理由を示している。

スタートアップが、コインベースのような取引所に何人かが要求していたような、銀行のすべてのコンプライアンス責任を負う必要のない簡単なソリューションを望んでいた。

Hodl Hodlの秘密鍵は、それそのものでは使いみちがない。伝統的な暗号通貨交換所で保有されているユーザー資金の数百万ドルの盗難の長い歴史に悩まされたトレーダーへの救済だ。

彼らの検証プロセスは、管轄区によって異なり、ユーザーがより多くの責任と自由を享受できるように、地元の規制の範囲内で手続きをとっている。 Coinbaseとは異なり、Hodl Hodlはユーザーに独自の秘密鍵を与えている。

スニコ氏は、「1人の当事者は、その所在地で資金を管理することはできない」と述べた。

「これはセキュリティが強化されたことを意味するだけでなく、規制の観点から見ると正確にマネー送信者ではない」

Hodl Hodlチームは、分散型のセキュリティ機能に準拠させることで、ビットコイン自体をピアツーピアのビジネストランザクションにも活用できることを示すよう努めている。

チームの今後のプラットフォームであるHousehodlは、不動産購入に直接適用することで、そのアイデアをより一層推し進める。

スニコ氏はなぜビットコインを選んだのかについて、「安全だから」と語った。

「ビットコインが時間の洗礼に耐えた唯一の安全で分散したブロックチェーンだと思う」

ビットコインのセキュリティ特典

まず第一に、Hodl Hodlのビットコインに対する関心は、そのセキュリティから派生している。

創設者によると、誰も完全な親権を保有しておらず、関係するすべての当事者が現状確認のためにブロックチェーンを見ることができるので、仲介業者がこの透明なマルチシグナルエスクロプロセスで凍結された資金を借りることははるかに難しい。

このように、公的帳簿上のmultisig(マルチシグ)は、将来の条件が満たされるまで第三者と資金を預ける何世紀も前のプラクティスへのアップグレードを表している。

この交換のスマートコントラクトを不動産に適用する最初の事例は、友人がアパートを売却してより多くのビットコインを購入しようとしたときに、まずHodl Hodlチームで導入された。

銀行家から不動産業者まで、官僚的な仲介業者が数多く存在したため、取引には何ヶ月もかかった。

スニコ氏はこう述べた。

ビットコインを使って不動産を売買するプラットフォームがあれば、全面的な混乱は避けることができるので、それが当時の取引先双方に需要があることを実感した

チームは、Hodl Hodlの主力ビジネスでのマルチプロセスは、ビットコインで物件を購入するためのより透明なエスクローシステムを提供できることを認識した。そのような透明性は、伝統的なエスクロウプロセスでは欠けており、購入者が最も信頼する仲介業者によって悪用されることが多い状況だ。

例えば、ニューヨーク法律ジャーナルによれば、弁護士の顧客保護基金は、エスクロー資金の盗難を含む弁護士の不正行為の被害者に2017年に1000万ドルを支払った。今年3月には、ニューヨークの弁護士が、銀行の書類作成の裏に隠された個人的なエスクロー口座に顧客資金を隠していたことを否認した。

たとえそのような行為が今日ではまれだとしても、それが起こり得るという事実は、信頼できる第三者への依存を減らす改善の余地があることを示唆している。

スニコ氏は、「現時点では、不動産がビットコイン支払いの最良の利用用途だと思う」と述べている。「取引金額が上がったとしてもBTCが比較的巨額であるため、まだ意味がある」と付け加えた。

チェーン上の利点

旗艦取引所の純粋なP2Pモデルとは異なり、Househodl契約では、弁護士などの中立的な第三者が保有する第3の暗号鍵と、Hodl Hodlのオンライン通貨スワップよりも多くの書類作成と識別が必要になる。

すべての人が協力すれば資金が移動するだけで、ニューヨークで見られる弁護士の不正行為の種類を防ぐことができる。それでも、交換テスト済みのワークフローのおかげで、ビットコインブロックチェーン上で直接こうしたすべての事象の発生が確認できる。

ケイダン氏はCoinDeskに次のように語ってる。「Househodlプラットフォーム(ワンストップショップ)でリモートですべての書類に署名することさえできます。」

ケイダン氏によると、いくつかのアメリカの不動産業者がすでにHousehodlへの登録に関心を示している。しかし、米国の不透明な規制環境のため、Househodlはおそらくブロックチェーンに寛容なドバイで最初に立ち上げ、次にヨーロッパと北アメリカに着実に拡大していくだろう。

その間に、新しい機密取引オプションにより、Keidunの小規模な新興企業は、不動産業界の取引所やブロックチェーンの新興企業である他のP2Pプラットフォームよりも競争優位を得ることができる。

多くのP2Pプラットフォームは、CraigsList(クレイグリスト)がカテゴリ別にリストを整理するのと同じ方法で、すべての参加者にすべてのライブオファーをブロードキャストする。したがって、Hodl Hodlはプライベートオファーを許可する。

これは、売り手がバイヤーにダイレクトリンクを送信する場合にのみ表示され、逆も同様だ。これは、Hodl Hodlが競合他社に対して有利な点の1つだ。

また、取引はまだチェーン化されているため、ユーザーはプライバシーのために透明性を犠牲にする必要はなく、関係者以外の人間が必要とする情報をブロードキャストしていないということだけだ。

さらに、Hodlプラットフォームは、現行のP2P交換LocalBitcoinsのやり方とは異なり、ユーザーが現金化する必要がない。それは、エスクローがブロックチェーン自体で行われるという事実を指摘している。

スニコ氏は「ローカルビットコインとの違いはその資金面にある」とコインデスクに語った。

夏季には、Househodlはまた、不動産を暗号化で直接購入または売却するためのそのようなプライベートリスティングを提供する予定だ。

ビットコインコミュニティのサイバーパンク・エソへ(cypherpunk ethos)のコンプライアンスのバランスを取るという幅広い問題に触れて、「財産を買うために現金に換金する必要はないという考え」とスニコ氏は語った。

最も重要な課題は、購入が100%法的に問題がなく、法的な抜け穴がないことを保証することだと私は思う。

How Hodl Hodl Is Building a Real Business With Bitcoin Smart Contracts