Huobi、韓国と中国の投資家とブロックチェーンイニシアチブを支援

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

チャイナマネーネットワークによると(China Money Network)、世界的な暗号通貨取引であるフォビ(Huobi)は、ニューマージンキャピタル(NewMargin Capital)社、キウム証券(Kiwoom Securities Co.Ltd.)社と提携し、中国と韓国のブロックチェーン企業を支援し、企業間の協力を奨励するための投資基金を設立した。

ファンドの原資として、1,000億ウォン(9,300万ドル)の調達を目指している。

ニューマージンキャピタル社は北京に本拠を置くベンチャー企業であり、キウム証券は韓国に拠点を置くオンライン証券会社である。

産業銀行と韓国開発銀行は中国と韓国のファンドを有限責任会社に、ミライ・アセット・ファイナンシャル・グループ(ソウルを拠点とする金融サービスグル​​ープ)も投資家となる。

Huobiは新たな成長機会を模索

新しい投資ファンドは、Huobiが昨年末、中国の暗号通貨の取り締まりを受けて事業を拡大するために、最近数ヶ月にわたって取り組んできたいくつかの戦略の1つである。

Huobiは、昨年末に規制が導入される前に、中国最大の暗号通貨プラットフォームの1つだった。 10月に中国の取引プラットフォームを閉鎖した後、創業者のレオン・リー(Leon Li)氏はシンガポールに本社を置く国際取引プラットフォームフォビ・プロ(Huobi Pro)を立ち上げた。

多くの面での拡大

Huobiのブロックチェーンインキュベーターであるフォビ・ラス(Huobi Las)は、最近、世界規模でのブロックチェーン技術を促進するための10億ドルの資金の一部として、中国海南省で「グローバルな文化と創造のブロックチェーンラボ」を設立することに合意した。

Huobi Labsがティアンヤ(Tianya)コミュニティと署名したこの契約のもと、Huobi Labsは同社の経済的資源を利用し、海南特別経済区の支援と国際的な自由貿易港建設に役立てる。

Huobi氏は最近、韓国と日本への拡大を含む多様化相乗効果戦略の一環として、独自のトークンHTを立ち上げた。

Huobi氏は最近、カナダとブラジルに事業を拡大しました。同社はトロントに事務所を開設し、ブラジルにプラットフォームを販売し、サンパウロに事務所を設立した後に地域のスタッフを雇用したと伝えられている。

Huobi Partners With Korean And Chinese Investors to Support Blockchain Initiatives