メインネットリリース後のEOS価格は上昇、しかしこの価格変動はあまり自然ではない

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

ブロックチェーンプロジェクトのオープンソースのメインネットソフトウェアのリリースに伴い、EOSの価格は土曜日に16%上昇したが、最初は目に見えるものよりもこの上昇に見るべきものが多くある。

EOSの価格は、16%の上昇で市場をリード見込み

今日のEOSの急激な価格上昇は、より広範囲なマーケットラリーの一環として発生したが、トップ100にランクされた他のすべての暗号通貨をかろうじて上回っている。

EOSは、この日の取引の大半を12ドルをわずかに超えたレンジで売買されたが、土曜日の午前6時15分(UTC)に急騰した。数時間のうちに、EOSの価格はビットフィネックス(Bitfinex)で14.40ドルを超えてピークに達していたが、現在は14.07ドルまで下がっている。

EOSは時価総額が約125億ドルで、時価総額チャートで5位、4位にランクされているビットコインキャッシュに次いで52億ドルとなっている。

若干顕著に、EOSは実際には国内の投資家にプレミアム価格を支払うことを強制する韓国の取引所の値引きで値付けされている。

ボリュームは非常にうまく分散しており、トークンのグローバルボリュームまたはトレード会場の13%以上を占める単一の取引ペアは20%を超えていない。

ブロック・ワンがメインネットソフトウェア、エクスチェンジにロックされたトークンをリリース

価格上昇のための明確な原動力は、EOSIO 1.0の正式リリースであった。これは、開発会社ブロック・ワン(Block.one)が、1年間におよぶの40億ドルの新規仮想通貨公開(ICO)の終了時に出荷したものである。

これまでは、EOSトークンはERC-20トークンとして構成されており、ユーザーはトークンをコインの独立したブロックチェーンに転送する必要がある。

この複雑なプロセスにおいて、ERC-20ウォレットに保管されているトークン残高はロックされており、取引所にあるトークンは預け入れと引き出しが凍結されている。

しかし暗号通貨取引所は、プラットフォーム上で現在保持されているEOSトークンの限られた供給をユーザーが交換できるようにし続け、他の取引ペアと完全には匹敵しない環境を作り出す。

たとえば、EOSの初期投資家は通常14ドルでのトークンの販売を検討しているが、現時点で取引所にEOSを預けることができないため、それは不可能だ。本質的に、EOS供給の減少は、初期のEOSメインネットが安定性を達成するまで価格の変動性の増加につながる。

特に、Block.oneは、EOSメインネットを立ち上げたり、現在のリリースを超えてソフトウェアを開発し続けるつもりはないと述べている。その結果、「EOSメインネット」と名乗るいくつかのネットワークが出現ことが予想され、明確な勝者が出るまでには時間がかかる可能性がある。

EOS(イオス)とは?基本情報 EOS(イオス)は、高速トランザクション処理を可能にするEOS.IOというソフトウェアを開発するた...

EOS Price Pumps after Mainnet Release, But This Rally’s Not Quite Organic