1億ドルのICOを調達した後の月間Kik創設者、ブロックチェーンを「認めていない」

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

今週初めに行われたTrue Northテクノロジーカンファレンスで、キック(Kik)のCEOであるテッド・リビングストン(Ted Livingston)氏は、ブロックチェーンに関する驚くべき意見を披露した。

「ほとんどたいていの人は見ないほうがいいシロモノだ」

Kik創業者はブロックチェーン過小評価

リビングストン氏が2017年に会社の新規仮想通貨公開を通じて1億ドル以上を調達したために、この声明が非常に悲観的になった。しかしリビングストン氏は会議が進行するにつれて彼のイデオロギーをこのように説明した。

世界で最も普及している暗号通貨を構築しようとしているのでなければ、ブロックチェーンがあなたに価値をもたらす可能性は非常に低い。

この起業家は、Kikのネイティブデジタルトークンであるキン(Kin)に関する彼の経験についての洞察を披露した。

ビットコインや他のいくつかの暗号通貨が一見本当の利用事例であったように見せかけて、実はこの技術は広範な実用性の面で「とても説得力がある」とは言えないと述べた。

リビングストン氏は、ビットコインや他の暗号通貨以外のブロックチェーン技術には実用的なアプリケーションがたくさんあるとは考えていないと語った。

彼は、デジタル通貨を持つ「飛び抜けた才能」とはその希少価値であり、信頼関係のあるなしにかかわらず、限られた数のトークンを交換する世界的な参加者の生態系を可能にすると付け加えた。

しかし、信頼できないシステムは見知らぬ人とのトランザクションを制御するのには優れているが、このような要素は他のアプリケーションにとってブロックチェーンを「それほど優位性のない」ものにする。

リビングストンはこう説明した。

ブロックチェーンはその日の取引の終わりにどんな結果をもたらすか?信頼性の低いデータベースを持つことができる。

それは様々な方法で応用は可能だが、そうした方法のほとんどは、依然として改めて信頼を必要としている

強力な「ビットコインスーパーコンピュータ」

分散型元帳システムは画期的な技術として開始されて以来宣伝されてきた。そして、パッケージ、債券、有価証券を発券から出荷まで追跡するのに使用できるように、船積み、ロジスティクス、金融業界に印象的な利用事例を提供する。

リヴィングストン氏は、明らかな悲観主義にもかかわらず、デジタル通貨は主に数十億ドル規模の取引があるために「大きなインセンティブ」を生み出してきたと主張している。

今日、ビットコインコンピュータは、世界のトップ500のスーパーコンピュータよりも10万倍強力だ

「ビットコインコンピュータ」は参加者の世界的なネットワークであり、ビットコインプロトコルをパーソナルコンピューティングデバイス上で検証して実行し、参加者にビットコイン単位を効果的に授与する。

そして、ゆくゆくは世界の基軸通貨として採用されることを望んでいる。

同様に、リビングストン氏は、Kikユーザーが将来アプリと相互に購入できるようにKinを使用することを望んでいる。

しかし、彼にとってはこれまでの道のりはスムーズには運んでこなかった。 2017年に1億ドルのプロジェクトが「技術的問題」に突き当たり、Kinトークンの発売日無期限延期を余儀なくされた。

しかし、リビングストン氏は問題が解消された後すぐのトークンの発行について積極的に取り組んでいる。

Kin(キン)とは?基本情報 カナダ大手メッセージアプリKikが作成した仮想通貨 分権的デジタルサービス 仮想通貨...
Kin(キン)とは?基本情報 カナダ大手メッセージアプリKikが作成した仮想通貨 分権的デジタルサービス 仮想通貨...

Months After Raising a $100 Million ICO Kik Founder Calls Blockchain”Unconvincing”